雨の日の送迎…徒歩でがんばる?それとも自転車?

こんにちは。
今日は全国的に雨ですね。
しかも今年一番の大雨だそう。
こんな時、幼児を送迎するのは厳しいですよね…。
可能ならば休ませたいところですが、そういうわけにいかない日も…。

車があれば車での送迎が一番だと思いますが、我が家には車がありません。
なので、徒歩でがんばるか、それとも自転車にレインカバーを付けて乗せるか、いつも迷います。
ものすごい大雨や雪の場合はタクシーの一択だと思うのですが。

最近の子ども乗せ自転車は車体が低かったり、タイヤが太かったりと、安定感があって滑りにくいので、雨の日でもそれほど危険だと感じたことはありません。

ですが、やっぱり雨の日の自転車による転倒事故は多いもの。
私は電動自転車だと安心だと思っていたのですが、普通の自転車に比べると約3倍も事故件数が多いそうです。
(それだけ電動自転車が普及しているということも一因なのでしょうが)
自分1人ならばともかく、子どもを乗せて転倒することは絶対に避けたいですよね。

なので、なるべく徒歩を選ぶようにしています。
子どもがレインコート+長靴で歩ける程度の雨ならば一緒に歩かせ、強めの雨の時はベビーカーにレインカバーを付けて、歩いて送迎しています。

でも、徒歩だから安心ということは決して無いのが、また困ったところ…。
外に出ている時間(送迎時間)が短い分、自転車の方が安全なのでは?と思うことも少なくありません。

どちらにも気をつけなければいけないこと、メリット・デメリットはあります。

**********************************
スポンサーリンク



**********************************

傘差し運転は絶対にダメ!

まず、雨の日の自転車送迎の場合、絶対にダメなのは傘を差しながらの運転です!
これは道路交通法でもNGなので、以前よりも見かけなくなった気はします。
でも、後ろに乗ったお子さんが傘を差しているパターンはたまに目にします…。
これも危険なので絶対にやめましょう。
また、傘をハンドルに固定しての運転も禁止されているので、ご注意を!
(そういう便利グッズも売っていたので、使いたくなっちゃいそうですよね…)

なので、基本的には運転者はレインコート、子どもはレインカバーを使用します。
私も雨の日にどうしても自転車に乗らなければいけない時はレインコートを着ています。
でも正直、それだけじゃ不十分だと感じています。
体は濡れなくても、顔が…。

そこで、ちょっと欲しいと思っているのがレインハット!

使っているお母さんに感想を聞くと、なかなか良さそうです。
目に雨が入ってしまうと、運転も危険ですからね…。
雨の日でも自転車送迎がほとんどならば、マストアイテムだと思います。

子どもはレインカバーで大丈夫です。

私はメーカー純正のものではなく、安いノーブランドのものを使っていますが、問題無く使えています。
最低限の機能性しかありませんが、寒い時期の風除けにもなり、重宝しています。

でもそれは、あまり使わないからそう思うのかも。
頻繁に使う場合(雨の日の自転車送迎が多い場合)はポケットが付いている、乗り降りしやすい等、機能面を重視した方がストレス無く使えると思います。

ビニールがペラペラのものもあるので、なるべく実物を目にしてからの購入をおすすめします。
ネットの方が安くて種類も豊富なんですけどねー。
 

徒歩ならば目立つ傘を!

徒歩の場合は、なるべく子どもに目立つ色の傘を持たせましょう。

一部が透明になっている傘も良いと思いますが、その効果が実感できたのは年中ぐらいからですかね…。
年少ぐらいだと、前なんて見てやしないので(苦笑)。

なのでまずは、「子どもの視界を遮らない傘」よりも「周りから目立つ傘」を重視するのが良いかと思います。
(もちろんどちらも大切ですが!)

子どもの傘、どう選ぶ?

自転車にしても徒歩にしても、雨の日は滑りやすいもの。
マンホールの上を通ることは避ける、段差に注意する、落ちているゴミや落ち葉に気をつける等、いつも以上に気を配っていきたいですね。

**********************************
スポンサーリンク

**********************************

◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪
はてなブログでも日記更新中☆




follow us in feedly