インスタントラーメンが子どもにもたらす害って?

こんにちは。
やっと体調が復活してきた子どものかわりに、なんだか私が思わしくない気配…。
こんな時は仕事はともかく、せめて家事の手は抜きたいものです。
特に昼食!
今日1日、子どもたちは大事をとって休ませているので、お昼ごはんを用意しなければいけませんでした。

そこでふと思ったのが、タイトルの件。
普段、私自身もインスタントラーメンやカップラーメンを食べないので、常備していないのですが、こんな時ぐらいそれで済ませたい…と思ったりもして。
今は美味しいインスタントラーメンがたくさんありますしね~!
野菜をたくさん入れれば、栄養的にもばっちりな気がします。

また、震災時などで食糧が不足してしまった場合、大活躍してくれる食品だと思います。

でも、大人にもだし、子どもにももちろん「悪い」と言われているインスタントラーメン。
本当に悪いのでしょうか?
(良くはないということは重々承知していますが…)
 

************************************
スポンサーリンク



************************************

インスタントラーメンには、化学調味料や添加物が含まれています。
なので、子どもにはもちろん、大人にとっても決して良くはないでしょう。
でも、インスタントラーメン以外にもそれらが含まれている食品はたくさんあります。

インスタントラーメンも生の中華麺も、麺自体にはそれほど問題はありません。
もちろん上記のように、添加物や保湿剤は使われていますが、安全性が認められています。

特に、生の中華麺は離乳食にも登場する食材です。
離乳食完了期である1歳半ぐらいならば食べさせても問題ありません。
もちろん、麺を喉につまらせないようにカットするなど、気をつけてあげる必要はありますが。

インスタントラーメンにしろ、生の中華麺にしろ、一番問題なのはスープ。
ラーメンのスープには塩分が多く含まれており、1日に必要な塩分量がこれだけで摂れてしまうほど…。
ラーメンを食べる時はスープを飲ませないようにしましょう。
(お店のラーメンも同様です。)

ですが、カップラーメンではなく、インスタントラーメンを鍋で作る場合は塩分の調節ができます。
添付されているスープは使わずに、自分でスープを作る。
そこまではできなくても、半分だけ使って、残りはお湯やだし汁で薄めることで、塩分をかなり減らすことができます。
野菜をたくさん入れれば、スープの味が薄くても食べ応えもばっちりです。

もともとインスタントラーメンは、大人が食べることを考えて作られた食べものです。
美味しくて、安全性があると言えども、そのように子ども向けに工夫して食べさせてあげるといいですね。
 
 
そのように、インスタントラーメンは子どもに絶対ダメ!ということは無いでしょう。
ただ、やっぱり与える年齢と、頻度は重要です。
化学調味料の味に慣れてしまうと、食材そのものの味じゃ満足できなくなってしまいます。
大人もそうですよね。
美味しい食材はたくさんあるのに、その味が美味しいと感じなくなってしまうなんて、とても悲しいことです。
子どもの味覚を育ててあげるためにも、なるべく避けたいですね。

ちなみに今日の昼食は、うどんにしました~。
どうせ鍋で作るという手間があるならば、こっちの方がいいかなと思い…。
夜はちゃんと栄養たっぷりの食事を作ろうと思います^^;
 

**********************************
スポンサーリンク

**********************************

はてなブログでも日記更新中☆




follow us in feedly