乳歯の頃から虫歯予防!「噛む」ことは想像以上に重要なこと

こんにちは。
子どもたちの耳掃除ばかり気になってしまう私ですが、それよりも虫歯に関しては神経質になってしまいます。

自分自身が親にちゃんとケアしてもらえなかったので(歯磨きもしてくれなかったり…ネグレクトですよね^^;)、小さい頃から虫歯だらけ。
痛い思いもかなりしましたし、銀歯や差し歯が増えていくことに対してコンプレックスもありました。
これってネグレクト?どんな時にどこに相談すればいいか悩む…

なので、自分の子どもにはそんな思いをさせたくないと、子どもが生まれた時から思っています。

歯が悪いって、他の病気にもつながりますしね…。
咀嚼がちゃんとできないと胃腸にも負担がかかります。
口内も虫歯がきっかけで歯肉や歯茎のトラブルとなったり、場合によっては手術が必要になることも…。
歯ばかりは放っておいても治らないので、必ず治療が必要になります。
(私も放置してしまっていますが、ダメですね^^;
歯の詰め物が取れたまま放置中…。大丈夫?

乳歯の間は生え変わるから…と思っている方もいるでしょうが、そういう単純な問題でもないようです。
成人後の口内トラブルを防ぐためには、やっぱり乳歯の頃からしっかりケアしていくことが大切となります。

**********************************
スポンサーリンク



**********************************

乳歯の虫歯はこんな悪影響が!

大人でも「噛む」ということは大切ですが、子どもの場合は成長とともにあごを形成していきますので、さらに大切と言えます。
虫歯になってしまうと、その「噛む」ことができなくなってしまうので、あごの形成に大きな影響を及ぼします。

そして、あごが正常に発達しないことによって、言葉の発音が悪くなる、永久歯の並びが悪くなる等のリスクが高まります。
どちらも可哀想なことですよね。
今の医学で矯正できる部分もありますが、それでもやっぱり虫歯予防をしてあげることで、それらを予防するのが一番です。

また、噛むことで唾液がたくさん出るので、それが虫歯の予防になります。

虫歯になる→噛めなくなる→唾液が減る→さらに虫歯になるという悪いスパイラルではなく、そのように良いスパイラルを作り上げてあげたいですね。

小さい子どもの虫歯は、親が引き起こしたものです。
虫歯になりやすい歯の子どももいますが、しっかりとしたケアで予防していきたいですね。
 

歯みがき後のお手入れでしっかり予防

でも、小さい子って歯みがき粉が使えないですよね。
我が家の子どもたちも、まだ歯みがき粉を嫌がるので、基本的には付けずにみがいています。

でもその後に子ども用の口内ケア用品を使っています。
上の子は、モンダミンやクリニカのデンタルリンスでうがいをして、吐き出させています。
そして、下の子はティッシュタイプのお手入れシートで、歯をさっと拭いています。
2016-11-16_12-42-48_463

上の子が赤ちゃんの時から、我が家ではずっとこれ!
拭くだけで口内を中性に保ってくれて、歯垢が歯につきにくい状態を作ってくれます。
和光堂のものなので、安全性も問題ありません。
子どもたちも嫌がらずに、今では自分から「ふきふきタイムする~」と拭いています。

歯のお手入れティッシュ「ふきふきタイム」PH|Yahoo!ショッピング
配送料がお得な「クリックポスト」で配達してもらえます。
参考記事:【Yahoo!ショッピング】配送方法の選び方

長く使える物なのでまとめて買っておくのも◎

最後になりましたが、「噛む」という行為は子どもたちの情緒を安定させるそうです。
精神面でも必要な行為と知り、私は少し驚きました。
その点でもやっぱり、噛める力を大切に育んでいってあげたいですね!

**********************************
スポンサーリンク

**********************************

はてなブログでも日記更新中☆




follow us in feedly