兄弟姉妹が感染症(アデノウイルス)に!登園・登校どうしよう…

おはようございます。
胃腸炎が流行り、インフルエンザの流行も始まりつつある今、またしても下の子が感染症にかかってしまいました。
季節外れのアデノウイルスです。

アデノウイルス…我が家では初めての経験。
アデノウイルスは、インフルエンザウイルスに次ぐほどの強い感染力があり、その型は51型も!!
(確認されている型の数なので、もしかしたらもっと多いかも)
それほどの数があるので、一度かかった型に対しての免疫ができたとしても、また他の型に感染してしまいます。
そのため、1シーズンに数回アデノウイルスに感染してしまうケースも少なくないようです…。
恐ろしい。

**********************************
スポンサーリンク



**********************************

アデノウイルスも二次感染に要注意

アデノウイルスが引き起こす病気として有名なのは「プール熱」と「はやり目」です。
どちらも夏に流行る病気ですよね。
そもそもアデノウイルス自体、夏に流行するものです。
感染の危険は1年中あるようですが。

アデノウイルスの潜伏期間は5~7日間と長めなのも厄介なところ。
発症期間は大体4日前後のようですが、個人差があります。
完全に症状がなくなってから2日の間は登園・登校禁止となりますが、発症から2週間ぐらいは便などにウイルスが排出されますので、二次感染への注意が必要です。

感染予防はノロウイルスとほとんど同じ感じですね。
次亜塩素酸水などで消毒液を作り、感染者が触れたものを消毒する必要があります。
感染経路もほぼ同じです。
ノロウイルスが流行気配!二次感染には特に注意

加えて、アデノウイルスは結膜炎などの目の症状を起こすことが多いので、目やにや涙にも注意が必要です。
 

発症していない兄弟姉妹はどうする?

上にも書いたとおり、アデノウイルスの感染力はものすごく強い!!
兄弟姉妹間、家族間ではほぼ感染すると思っていた方がいいようです。

なので、我が家の上の子も、おそらく感染しているでしょう。
隔離するべきなのでしょうが、もうすでに時は遅し…です。
そもそも一緒に行動することが多いですし、保育園や習い事も同じなので、どちらかが感染しているということは、もう1人も感染していると思った方が自然です。

とはいえ、発症するかは別問題ですし、今のところ上の子に症状は出ていません。
ですが、潜伏期間中に他の子に移してしまう可能性もあるので、一緒に休ませることにしました。

というのも、おそらく我が子がアデノウイルスをもらってきたのは保育園。
ちょうど1週間前に1人出ていたんです。
で、その兄弟姉妹は普通に登園していた、と…。
もしもその兄弟姉妹が感染しているけど潜伏期間(または発症しなかった子だった)場合、感染源になっていたのかもしれません。
あくまでも仮定ではありますが…。

なので、我が家は上の子も一緒に休ませることにしました。
もしもこの後、園で爆発的に流行ってしまった場合、うちの子のせいだと思ってしまうし。
(あとは、送迎で下の子を連れまわすのも良くないですしね)

やっぱり、兄弟姉妹が感染症になってしまった場合、症状が出ていなかったとしても一緒に休ませるのがベストだと思っています。
保育園なので、当然保護者としては仕事の都合はありますが、1人休ませられるのであれば2人休ませられるでしょう。
病児保育にお願いするという方は、難しいかもしれませんが…。

でも、この「兄弟姉妹が感染している時の登園」、明確なルールがないんですよね…。
ルールがある園も多いようですが。
我が子が通っている保育園にはありません。

なのでもう、保護者のマナーの問題なんですよね。
今回、同じ保育園のママ数人に話したところ「お姉ちゃんも潜伏期間中かもしれないから、家で様子を見た方がいい」という意見が100%。

でも、そうは思わずに、普通に登園させてしまう保護者もいるわけで…。
医者に聞いたかもしれないけれど、症状が出ていなければ医者も登園OK出しますしね。
ならば登園させたくもなります。
子どもも退屈でしょうし…。

でもそうなってしまうと、保護者の価値観や判断に大きく左右されるので、やっぱりルールを決めてもらった方がありがたいな~と実感しました。
園への意見箱に書いてみようかな…と思ったりもしています。
登園OKならば、もしもその後に流行してしまった場合、肩身の狭さも無くなりますし、責任を感じすぎることも無くなるかな、と…。

**********************************
スポンサーリンク

**********************************

◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪
はてなブログでも日記更新中☆




follow us in feedly