乳がんよりも「更年期障害」の疑惑が強い…

先日の健康診断で、乳腺のう胞の指摘を受けた私。
(正確には今年だけではなく、昨年も、それ以前もなんですけどね)

乳がんになる!?「のう胞がある」と言われましたが…

正直なところ、乳がんになってもおかしくないですし、もしそうだとしても特別な驚きはないんじゃないかと思っています。
手術をすることになっても、特に抵抗はありません。
胸が無くなっても、それで命が助かるならばいいですしね。
手術自体も5回の経験があるので、余裕かも(笑)。
(導尿だけは嫌ですが…)

保険もがんに手厚い商品に入っているので、治療費はなんとかなるでしょう。
保険が効かない治療を選びたくなったら、それはそこで考えます。

なので、それほど深刻には考えていません。

と言いますか、もっと深刻に捉えている健康面の問題が…。
それは「更年期障害」です。

**********************************
スポンサーリンク



**********************************

「更年期障害」…女性ならば必ず通る道ですね。
閉経を挟んだ前後10年間のことを「更年期」と言い、その間、様々な不調に見舞われてしまうというもの。
更年期は大体、45~55歳と言われています。
私は現在44歳なので、更年期でもなんの不思議もなく…。
というか、まさにビンゴの年齢と言えそうです(笑)。
まだ園児の育児もあるのに…悲しい!

でも年齢ばかりはどうしようもありません。
上手につき合っていくしかないですね。
 

更年期障害の原因は?

更年期障害をもたらす大きな原因は「卵巣機能の低下」です。
今まで卵巣は、脳から女性ホルモンの「エストロゲン」を分泌しろという命令を受け、分泌を繰り返していました。

でも、そのエストロゲンは卵巣機能の低下により、40代半ばに大幅に減少してしまいます。
そのため卵巣は、その脳からの命令に応えることができず、その結果脳が混乱してしまいます。
脳の中でもエストロゲンの分泌を司っているのは視床下部なのですが、その視床下部は自律神経を調整している大事なところ。
なので、エストロゲンを分泌できないという混乱が、自律神経にも大きな影響を及ぼしてしまい、その結果、全身が不調となってしまうというわけです。
 

更年期障害の症状

更年期障害には個人差があるので、症状をほとんど感じずに終わる方も多いようです。
ですが、日常生活に支障をきたすほど重くなってしまう場合も…。

更年期障害に多い症状として挙げられるのが「のぼせ」「ほてり」と言った、いわゆる「ホットフラッシュ」です。
また、体はほてるのに、手足は冷たくて寝付けないという症状もあります。

その他には、肩こり、頭痛、動悸、めまい、疲労、関節痛などを感じることも。
しかも、一つずつ現れるのではなく、一度にいくつかの症状が現れたり、日によって辛かったり楽だったりと波があることも…。

そのように、症状も一つではないので、一般的な病気と更年期障害の区別をつけるのも難しく、適切な診断・治療を受けられないケースも少なくありません。

また、上にも書いたとおり更年期障害は自律神経に大きな影響があるので、精神面にも障害が現れます。
特に、不安や憂鬱感、不眠などから鬱状態になってしまうことも少なくありません。
 

私がなぜ「更年期障害?」と思ったのか…

さて、なぜ私が自分を更年期障害では?と思ったのか…
その最初の理由は、生理が大幅に遅れているから。
今まで子宮内膜症を始め、子宮筋腫持ちで苦しめられてきた私ですが、生理周期だけは狂ったことがありません。
(そのため、妊娠も超早期に気づくことができました~!)

でも今回は1週間は遅れています。
…というか、微々たる出血はあります。
が、始まらないので、「もしかしたら閉経?」と思ってしまったわけです。
腹痛はあるんですけどね。

そして次の理由が「頻尿」。
40代以上になると尿トラブルが多いと言われますが、今までそのようなことは無縁でした。
でも、ここ数日、本当にひどいんです。
夜、布団に入った後、寝つくまでに少なくても5~6回はトイレに行っています。
いわゆる、「過活動膀胱」なのかな、と…。

「過活動膀胱」は、膀胱に少量の尿がたまっただけでも膀胱が刺激され、強い尿意を起こします。過活動膀胱の症状には、おもに2つの症状があり、ひとつは「頻(ひん)尿(にょう)」です。日中、成人がトイレに行く回数は、平均で5~7回といわれていますが、日中に8回以上トイレに行く場合を「日中頻尿」、就寝中に2回以上トイレに行く場合を「夜間頻尿」といいます。
出典元:40代からの輝きプロジェクト

幸い、日中はそれほど感じないので、精神的なものかもしれないですけどね…。
「トイレに行っておかなきゃ!」という強迫観念のような。

その他には…肩こりもあるし、疲れもあるし、たまには動悸も。
もともと冷え性なので、手足が冷たくて眠れないこともしばしば。
なんだか、とっても更年期障害な気がします(笑)。

でも、それは新生活のストレスや、生活変化の影響も大きいんじゃないかな?と思ったりもするんですよね~。
果たしてこれが更年期障害なのか、もう少し様子を見ていきたいと思います…。
でも、受診しなきゃですね。

**********************************
スポンサーリンク

**********************************

はてなブログでも日記更新中☆


follow us in feedly