購入目的とは少し違ったけど…タニタの保存容器を買って大正解!でした

おかずの作り置きをしている最近。
一品一品はたいしたものではないのですが(ひじきとか切干大根とか)、それらを作り置いておくだけで、毎日の食事の支度がグッと楽になりました!
まだ成果は見えていないけど、節約にもつながってるんじゃないかな?と思います。
「食べるものが何も無いからスーパーで買おう…」ということがほとんど無くなったし。
疲れている時はその一品を作ることも面倒だったりしますが、この調子で余裕がある時にまとめて頑張ろうと思います^^

さて、そんな最近なので、新しい保存容器が欲しくなってしまいました…。
どうしても形から入りたくなってしまうと言いますか(笑)。

そこで、以前見かけてなんとなく気になっていた、タニタの保存容器をなにげなく買ってみました!
Amazonで安かったので。

ただ…私は「おかずの保存」の目的で買ったのですが、そのタニタの保存容器はどうやらごはん用。
なので、ごはんを冷凍保存するために使っていますが、これがなかなか良かった!!

何が良いかって、ごはんの量がわかるところ。
タニタが推奨する100gと、普通盛りの140gの2サイズが2個ずつセットになっています。

赤い方がタニタ推奨の100g容器。
大きさを比較するために、のりを横に置いてみましたがどうでしょうか…。
逆にわかりづらいかな(笑)。


この容器、価格の割にしっかりした作りです。
さすがタニタ!
保存容器の中には、安いけど材質が薄かったり、柔らかめのものもありますからね…。
その点、問題まったく無しです。

電子レンジ対応なのも嬉しい。
フタをしたまま温められるので、本当にレンジに入れるだけです。
ごはんも固くならないし、フタもへたらないし。

大人のダイエットや健康管理にももちろん良さそうですが、私は子どものごはんの量もこれで上手にコントロールできるようになりました。
大体、茶色の方(140g)を子どもたち2人で分けてちょうどいい感じです。
小2の長女はもう少し食べてほしい気がしますけどね…なんせ少食なので。
でも、作り置きのおかずをちょこちょこ積極的に食べてくれるようにもなったし、ごはんの量も適量盛られるようになったことで、だいぶ食事習慣に関しては改善できてきた気がします。

うちの子みたいに少食な子って、多めに盛られちゃうとダメみたいですね。
本当は食べきれるのに、それだけで食事をする気が失せてしまうらしいです。
視覚って大事。

あとは「全部食べられた!」という自信を付けるためにも、少な目に盛る方が良いみたいです。

そんなわけで、本来の購入目的とは異なりましたが、すっかり気に入ってしまったタニタの保存容器。
これからも上手に使っていきたいと思います!

もちろん、おかずの取り置きにも使えます。
念のため。


タニタ 保存容器 レンジ対応 KH-003 BR タニタ食堂おすすめ