場面緘黙症の疑惑が消えました!

こんにちは。
自分の体調不良や、長女のことに構いっきりで、少し更新が空いてしまいました。
やっぱりなかなか大変なものです…小学校!
ほぼ毎日プリントを持って帰ってきますしね~、提出物やら集金やらの期限を守るだけで日々精一杯といったところです(笑)。

プリントの中でも、学年だよりは常に見れるようにしておかないと見落としていることがあったりするので、「おたよりBOX」で管理すると本当に便利です!!

便利アプリ「おたよりBOX」がさらに便利に!!

**********************************
スポンサーリンク



**********************************

でも、長女にばかり手をかけるわけにはいきません。
「上の子をなるべく優先」というのが良いようですが、それにしても限度がありますもんね。
どうしても、長女を学校生活を優先してしまっているのが現状ではありますが…。

でも、年少になった次女も、心も体も大きく成長する時期。
(身長もこの1ヶ月で2センチも伸びました!)
最近は自分から片付けをしたり、家のことも色々と率先してくれます。
1つ上のクラスにいったという自覚が強く、なんだか自信が持ててきたみたいです。

それとともに、私が心配していた「場面緘黙症」の疑惑も消えてきました。

「場面緘黙症」疑惑、その後…

保育園でも、大きな声で歌ったり、ゲームなどでは大きな声を出しているみたいです。
それでも「大人とは喋らない」という本人ルールは健在らしく(笑)、慣れていない先生には最低限しか喋らないようですが。

でも、自分から「トイレに行きたい」と言えているようですし、慣れている先生には「休みの日にここに行った」とかも話しているようなので、本当に安心しました。
一時期は療育も考えましたからね…。

療育を考えたいけど利用できるのか…

3歳健診の時、心理士さんがおっしゃったように、本当に「性格」と「自信」の問題だったみたいです。
その時にもらった「褒めて育てて、自信をつけてあげましょう」というアドバイスを守れたかと聞かれると、決してそうではなく、叱ってばかりだった気もするのですが。
昨夜、「パパは〇〇ちゃん(自分)に怒らないけど、ママは怒るよね」と言われてしまったし(笑)。
誰かしら怒る(というか“叱る”)人がいないと、子どもにとって良くないし、それは母親である私の役目でいいかな~と思うので、別にいいんですけど(笑)。
(普段、不在がちな父親が叱るのは逆効果の気がしますしね…。
たまに会えたのに叱られたら、そりゃ嫌いにもなるでしょう笑)

話がそれてしまいました。

そんなわけで、我が子に対する「喋らない」「人見知り」という悩みは、自然に解決できてきているようです。
お姉ちゃんの友だちや、自分の友だちとは普通に喋ったり遊んでますしね…。
実は単なる「大人嫌い」なのかもしれません(笑)。

**********************************
スポンサーリンク

**********************************

◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪
はてなブログでも日記更新中☆




follow us in feedly にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ