大阪をはじめ、関西地方にお住まいで被災された方々へ
お見舞いを申し上げるとともに、今後の被害が少ないようお祈りいたします。
今回の地震が余震という可能性もあるそうなので、これから数ヶ月の間は心配ですよね…。

思い返せば東日本大震災の時、東京在住の我が家も大変でした。
震度5弱でも相当揺れて怖かったし、生後3ヶ月の長女とベッドで震えていた記憶があります。

その余震が落ち着いても、スーパーは品薄で大変でした。
混合育児だったのですが、当時はウォーターサーバーを契約していなかったので、水が無くて…。
区から配られたり、実家から送ってもらったり。

直接的な被災地ではない東京でもそうだったのですから、被災地で、しかもさらに震度が強い大阪の大変さは想像もつきません。
一刻も早く、せめて物流だけでもスムーズに動いてくれることを願います。

こういう大きな地震がどこかである度に、外で働くことに消極的になってしまいます。
子どもたちが大きくて、自分の身をある程度守れるようになればいいのですが、我が家の子どもたちはまだ小学2年生と保育園年中。
地震だけではないですが、何か災害があったら、すぐに駆けつけてあげられる場所にいないと心配でなりません。

昔みたいに、電車に乗って通勤をして、フルタイムでしっかりお金を稼ぎたいと思ったりもするのですが…。

でもやっぱり、いくら怪我が無く無事だったとしても、電車が止まったら保育園や学童へのお迎えが間に合わなくなってしまうでしょうし…。

ファミサポさんや誰かに頼むという手段ももちろんありますが、そんな非常事態ともなれば、子どもたちは心細くて、やっぱり親の迎えを待つでしょう。
少しでも不安を解消してあげるために、一刻でも早く駆けつけてあげたいと思うので、やっぱり今は自由に勤務時間を調整できる働き方がいいと実感しています。
(金欠ではありますが、安全の方が大事!)

でも、たとえ駆けつけられる距離にいたとしても、このような大きい地震があった時、子どもたちが安全でいられるのかは本当に心配です。

保育園に関してはある程度信頼しています。
特に我が子が通う保育園は、公立の認可保育園にしては少人数なので先生方の目が行き届くでしょうし、広い園庭もあるし、避難場所も近いので、環境的にも安心です。

学童に関しても、同じく安心できます。
多くの職員さんが熱心に見てくださいますし、避難場所も近いし。

 

でも、小学校ともなると人数が多いですし、たった1人の担任の先生で対応できるのか?という疑問も。
保護者会や入学説明会の時に、災害時はどうするという話を聞きましたが、もっと具体的に説明してもらう必要があると思いました。

あとは、校舎もやっぱり心配です。
我が子が通う小学校は開校100周年をはるかに超えているので、校舎のすべての部分に耐震工事がちゃんとされているのか、と…。

今朝の地震でも、登校中の女子児童が倒れてきた学校のブロック塀に挟まれて亡くなられましたが、そのブロック塀の耐震対策はしてあったのか。

いくら私たち保護者が子どもたちを守ろうと必死になっても、学校の構造上の問題で事故が起きてしまったら、もうどうしようもありません。
今までそのような部分には割と無関心でしたが、もっと真剣に捉えて、時には学校側に意見することも大切だと思いました。