長女が生まれてから約8年、個人事業主の届を出し、マイペースに働いてきた私。
ネットショップを運営したり、企業サイトの執筆の仕事をしたり。
そして知人が経営している教室も手伝っています。

これだけで週に4日は外に出ているのですが…
でも最近、また派遣社員でガッツリ働きたい!稼ぎたい!という気持ちが強くなってきました。

昔、一人暮らししていた頃、派遣社員として6年間働いていたのですが、やっぱり時給が違いますよね…。
事務未経験だった時でも1,400円、最後は1,600円近くいただいていました。
(それに見合う働きをしていたかは我ながら疑問…笑)

その頃に比べると派遣という働き方は一般化したし、時給もさほど良くないという印象はあります。

でもやっぱり、派遣会社を通して働くのは安心だと思うのです。

私が派遣社員で働きたい理由

まずは上に書いたとおり、時給が良いから。
子どもも小さいので、働ける時間が限られてしまいます。
それを思うと、1時間あたりの賃金は高いに越したことはない。
(それを思わなくても、ですが)
ある意味、子どもを犠牲にして働くこともあるでしょうから、それなりの対価は欲しいと思います。

次に、求職活動が楽だから。
もちろん希望どおりのお仕事を紹介してもらえるとは限りませんが、それでも自分で探すよりは期待できます。
事前にコーディネーターさんと話せるのはやっぱり安心…というか強みだと思います。

あとは、保障がしっかりしているから。
今の私は当然、雇用保険もなければ、厚生年金加入者でもありません。
でも派遣社員となり、ある程度の基準を満たせば社会保険に加入できるので、雇用保険も厚生年金も受給資格があります。
これはやっぱり大きいよな…と。
将来のことももちろんですが、今のことを考えても健康診断が受けられるし。

若い頃はあまり保険について気にしていなく、普通にバイトしていたけど、一度派遣で働いてからは保険は大きい!と実感しています。

ちゃんとした企業・お店ならば、バイトでも保険に入れてくれるんですけどね…。
でも私が今働いているところは保険は無いし(そもそも基準を満たしてない)、有給も無いので、それがちょっと難点だったりして…。
仕事が楽しくても、保障がちゃんとしてないと辛いなぁというのが本音です。

個人事業主と派遣は掛け持ちできるのか!?

でも、気になるのがここです。
個人事業主として届を出している以上、派遣社員として働いても大丈夫なのか?と。
アルバイトはおそらく大丈夫のよう。
私も毎年確定申告でアルバイト先の源泉徴収票や、仕事依頼元の支払い調書を提出していますが、何も言われないので。

でも『派遣社員』となるとどうなんだろう…と心配していました。
もちろん、個人事業主の方は廃業届を出してしまえば何の心配もいらないのですが、それはそれでなんだか寂しいような^^;
毎月何かしらの仕事依頼があるので、完全に廃業はしたくないな~と思ってます。

そこで調べてみた結果…一般の登録型派遣ならば問題ないようです。
正社員を前提とした『紹介予定派遣』や、無期の契約を結ぶ『無期雇用派遣』は避けた方が良いよう。

…ただ、派遣の方でフルタイムで働けることになって、社会保険に入れるほどならば、廃業届を出した方が良さそう。
なぜならば、失業保険をもらえる資格が喪失してしまうから。

また、某派遣会社はWワークを禁止しています。
私は何も知らずにWeb登録してしまったのですが、その後に電話でお話した時に「Wワーク禁止」というのを知りました^^;
これは最初に確認しておいた方がいいかもですね!

当面は単発・短期と掛け持ちがベストそう…

そんなわけで、色々とめんどくさそうな(やってしまえば多分そうでもない)個人事業主と派遣の掛け持ち。
まずは、自分の今の仕事を頑張りながら、派遣で単発や短期の仕事があったら受けようかと思っています。

日払い系の派遣会社も結構あるし!
悲観せず、心配しすぎず、少しずつ仕事を増やしていきたいところです。


ちなみに、いわゆる『単発』の仕事は、いつからか規制ができていました。
雇用契約が30日以内の日雇い派遣では、この条件に当てはまらないと働くことができません。

(ア)60歳以上の人
(イ)雇用保険の適用を受けない学生
(ウ)副業として日雇派遣に従事する人
(エ)主たる生計者でない人
※ (ウ)は生業収入が500万円以上、
(エ)は世帯収入が500万円以上の場合に限ります。

https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/haken-
shoukai/kaisei/01.html

(ウ)と(エ)がちょっとわかりづらいですよね。
つまり、本人年収または世帯年収が500万円以上ないと働けないということです。

初めて就業する時や、派遣会社に登録する時にその証明書を見せる必要があります。
源泉徴収票で大丈夫ですが、もしも無い場合は納税証明書などを役所で取る必要が…めんどくさい^^;

ただ、『日雇い派遣』の例外となる職種もいくつか。
この基準が素人にはよくわからない…のですが、この法律は労働者を守るためのものらしいので、きっと何かがあるのでしょう…。

【禁止の例外として法令で定める職業】
○ソフトウエア開発 ○調査 ○事業の実施体制の企画・立案 ○機会設計 ○財務処理
○事務用機器操作 ○取引文書作成 ○書籍等の制作・編集 ○通訳、翻訳、速記 ○デモンストレーション
○広告デザイン ○秘書 ○添乗 ○OAインストラクション ○ファイリング ○受付・案内
○研究開発 ○セールスエンジニアの営業、金融商品の営業
※日雇派遣が常態としてあり、かつ、労働者保護の観点から問題のない業務が、労働政策審議会での議論の結果、例外として定められました。

https://shotworks.jp/sw/contents/news/lecture.html

私はできたらOA事務(データ入力とか)がいいのですが、販売や軽作業も条件が合えば挑戦していきたいと思っています!

子どものためなら過酷な現場でも1日ぐらい我慢できる…はず!?