ライフネットスーパーの配達料システムに感激!

おはようございます。
下の子がアデノウイルスに罹ってしまったため、引き続き自宅療養中の我が家です。
家にこもるのも辛いですが、上の子が感染していないことをただ祈るばかりです…。
いや、間違いなく感染していると思うので、発症しないことを祈ります…。

兄弟姉妹が感染症(アデノウイルス)に!登園・登校どうしよう…

さて、そんなわけで食材の買い物に行くこともできません。
そんな時の強い味方といえば、やっぱりネットスーパー!!
その日の状況にもよりますが、お昼ぐらいまでに注文すれば、夕方ぐらいに食材を届けてもらえることがほとんどです。
(悪天候の日や、休日の場合は、配達が早い時間で締め切られることも。)

我が家はイオンの株を保有しているので、株主優待の対象であるイオンネットスーパーを利用することがほとんどです。

イオンの株主優待は節約の強い味方!

でも、たまには違うところも利用したくなる…。
イトーヨーカドーのネットスーパーにはセブンプレミアムの商品も充実していますしね!

そして今回は、初めてライフのネットスーパーを利用してみました。
これがとても使いやすく、ネットスーパーのデメリットとも言える配達料に関しても独自のシステムがあって、なかなか良い!!
これからはライフをメインにしようかなと思っています。

**********************************
スポンサーリンク



**********************************

ネットスーパーの配達料

ネットスーパーのデメリットと言えば、やっぱり配達料ですよね。
届けてもらう以上は仕方のないことですが、それでもやっぱり削れるなら削りたいものです。
配達料はネットスーパーや配達エリアによって異なります。
私が利用しているエリアのネットスーパーの配達料は324円が多いです。

ほとんどのネットスーパーは、購入金額によって配達料が無料になります。
税込で5,000円以上を買うと無料になるところが多いようですね。
今回私が利用したライフも、5,000円以上の購入で、324円の配達料が無料に。
(イオンネットスーパーは、日によって3,000円以上で無料になりますが、最近はいつ見ても5,000円以上かも…。
変わったのかな?)

ネットスーパーの買い物ってとっても便利ですが、節約を考えるとちょっと微妙かなと思うのが、この点だったりします。
配達料をなくすために、無理して5,000円以上買ってしまうこともしばしば…。
お米や紙おむつ、ペットボトルのまとめ買いがある時はすぐに5,000円なんてクリアできてしまいますが、毎回そういうわけにはいきません。

なので、本当に便利なネットスーパーではありますが、利用頻度は月に2~3回程度だったりします。

 

ライフには配達料が無料になるチケットが!

今回ライフを利用した時も5,000円以上買おうと思っていたのですが、嬉しいものを発見!
配達料が無料になる「使いたい放題チケット」というものが販売されていました!

その「使いたい放題チケット」は3種類あり、期間によってそれぞれ金額が違います。
私はとりあえず一番安い、30日間配達料が無料になる、400円の遣いたい放題チケットを買ってみました。
これで、30日間どれだけ買っても配達料が無料!!
ちょっと買いたい時にも気軽に利用できそうです!
(配達してもらえる最低購入額はありますけどね)

スクショを取らなかったので、あとの2つの期間と金額はちょっとわかりません…。
また、もしかしたら配達エリアによって、金額などが変わるかもしれないので、ライフネットスーパーの店舗サイトでご確認ください!

 
このシステム、私は本当に感激してしまいました!!
扱っている商品ももちろん大切ですが、このようなサービスの有無で、利用するかどうかが決まりますよね。
ユーザーのニーズに応えてくれているような姿勢が、なんとも嬉しいです。

そんなわけで、30日間の間はライフのネットスーパーを使い倒します!
お店側の戦略にうまく乗せられてる気もしますが(笑)、このようにお互いがハッピーになるシステムはいいですね!

**********************************
スポンサーリンク

**********************************

◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪



Twitter、feedlyでもフォローいただけたら嬉しいです♪

follow us in feedly

Instagramはじめました!
@freekao146

ブログ村に参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログへ

**********************************
スポンサーリンク

**********************************


あわせて読みたい