LINEグループのデメリットを実感中…

こんにちは。
もう12月も中旬ということで、クリスマスや年末年始はもちろん、来年度に向けても具体的に考え始めています。
(遅いかな?笑)

何度も書いている小学校の入学準備も、もちろんその中のひとつ。
学童の面接も無事に終わり、あとは結果を待つばかりではありますが…。
(学童のことについてはまた改めて書きたいと思います!)

でもその前にやらなければいけないことがあります。
それは、保育園の卒園に向けての準備です。
そして父母会の活動です。

保育園なので幼稚園ほどの大きな活動ではありませんが、やはり父母会というものはあります。
クリスマスには園児たちにプレゼントを配りますし、進級や卒園のプレゼントなども。

その役員間の連絡は主にLINEでとっているのですが…
やはり、文章って難しいですね。
すること自体はとても簡単なのに、言葉の行き違いでスムーズにいかないことがしばしばで困ってます…。

よくLINEのメリットデメリットが記事になっていますが、まさにそのとおりだと…。

**********************************
スポンサーリンク



**********************************

LINEのメリット

でもやっぱり、LINEってとっても便利ですよね。
よく言われていることですが、ここで改めて考えてみたいと思います。

LINEは多くの人に一度に連絡できますし、「既読」が付くので、ちゃんと読まれているかが確認できます。
俗に言う「既読スルー」は気分が悪いものですが、役員間の連絡など大人数のグループの場合は、あまりにみんなが「了解しました!」などと返してしまうと、肝心の連絡が埋もれてしまうので、この場合に限っては既読スルーが良かったりもします。

また、すぐに返信を求められている時でも、簡単に返せるのもいいですよね。
メールでの返信となると、一言二言で済ませるわけにもいきません。

新しく入園してきた保護者の方など、連絡先を交換する際にもLINEだとそれほど抵抗なく交換できます。
(できるような気がします。笑)

これらのことを考えると、LINEでの連絡をベースにせざるをえないかな~、と。
 

LINEのデメリット…

でもやっぱり、重要な連絡になればなるほど、LINEだとうまく伝わらない点が目立つようになりました。
それは書き手の問題でもあり、読み手の問題でもあるといいますか…。

そもそもLINEはスマホで読むものなので(PC版もありますが)、一度に表示できる文字数も限られています。
なので、メールのように長く書くことは、そう頻繁にはないでしょう。
そのため、書き手は情報をまとめて書いてると思いますが、その際に言葉が抜けてしまい説明不足となってしまったり…。

そしてもちろん、読み手の性格や読解力によっても大きく変わります。
これはメールでも手紙でも、文章である以上は仕方ないことですが、やはりLINEはその性質上、特に大きな影響があるように感じます。

また、LINEはトークでどんどん進んでいきますので、見落としもありますし、他の人が返事をしてくれたからそれで安心と思ってしまうフシもあります。

これらのことをふまえた上で、どう運用していけばいいのか…。
どのように役員間で連絡をしていき、意識を合わせていけばいいのか…。
なかなか悩ましいところです。
悩んでいる間に今年度が終わってしまいそうな~!

**********************************
スポンサーリンク

**********************************

◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪
はてなブログでも日記更新中☆




follow us in feedly にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ