パンク防止と電動自転車のバッテリーを長持ちさせるため、空気入れを購入!



子どもが園に通うまでは自転車すら乗っていなかった私ですが、今となっては電動自転車が無いと生活できません。
子どもの送迎はもちろん、通勤にも使っています。
 
自転車が苦手だった私も今は毎日子ども乗せ。買ってよかった電動自転車!
 
その電動自転車に、先日ちょっとしたトラブルが…。
乗ろうとしたらタイヤがぺちゃんこ^^;
いわゆる『パンク』してしまったようです。
まだ直していないので、正確にはわかりませんが…。
でも、虫ゴムの劣化を疑い、バルブを交換してみても改善されなかったので、おそらくパンクなんだと思います。

パンクした原因は心あたりが無いのですが、段差を乗り越える時などにチューブに穴が開いてしまうこともあるそう。
また、子どもを乗せているので、子どもの体重が増えるにつれてパンクする可能性が高くなるのでしょう。

あとは“空気を充分に入れていない”ことも、大きな原因になるそう…。
 
 
私、自転車の空気入れに関しては、かなり怠っていました^^;
本当は月に一度は入れなければいけないようですが、2~3ヶ月に一度すら入れてなかったような…。
自転車屋さんの店頭に空気入れがありますが、なかなか入れに行くのもめんどくさかったし。
 
 
でも、タイヤに空気が充分に入っていないということは、色々と支障があるようで…。
パンクのリスクが高まるだけではなく、バッテリーにも影響があるそう。
タイヤの空気が減ることで走りにくくなり、その結果アシストが大きく発動するので、バッテリーの減りが早まるという…。
言われてみれば、まったく当然のことですね^^;
 
 
それらを考えると、やっぱり空気入れは大切!!
ということで買いました!

案外安いんですね~。

これでいつでも空気が入れられるようになりました。
こまめに入れていきたいと思います!
 
 
ちなみにバルブは、虫ゴム不要のバルブに交換してみました。
これなら虫ゴムの劣化で空気が抜けることも無いし、空気も入れやすくなるそうです。














follow us in feedly

ブログ村ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログへ



◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪