青色申告のソフトを製品版に戻してみた



少し更新が空いてしまった間に、すっかり春っぽい日も増えてきました。

更新が空いてしまった理由は確定申告…というわけではなく、単なる体調不良です(泣)。
子どもたちの感染症が、最後の最後に母に来てしまうという、お決まりのパターン?です。

 

でも、もちろんちゃんと確定申告もしました!
個人事業主になってから『2月中に確定申告を済ませる』というのが一つの目標だったりもするので、今年もそれを達成した次第です。

いつまでも延ばして、ギリギリになってしまうのは嫌ですからね^^;
何事も、ですが。

自分は元気でも子どもたちの病気で動けない…ということも考えられるので、動ける時に動く!が子育て中の鉄則といったところでしょうか…。

さて、何はともあれ、無事に済ませた確定申告。
私はずっと『弥生の青色申告』というソフトを使って、青色申告決算書と確定申告書を作っています。
一応それなりに簿記の知識はあるのですが(高校が商業科だったので簿記の資格を授業内で取得している)、どう考えても会計ソフトは必須!
いくつかサンプルを見てみましたが、中でも弥生が一番使いやすそうだったので購入しました。
それからずっと使い続けているので、私には合っているんだと思います。

その『弥生の青色申告』、去年は製品版ではなくオンライン版を試してみました。
ログインすればどの端末からも入力できるし(スマホもアプリがある!)、かなり便利です。

何よりもクラウド上にデータがあるので、パソコンが死にかけていた私にはとてもありがたかったです(笑)。
データが飛んで泣く…という事態を防げたので。

セキュリティ的に不安を感じる方もいると思いますが、弥生ならばしっかりしていそうなので安心です。

オンライン版は『青色申告』は1年間無料、『白色申告』ならばずっと無料で使えるので、まずは試してみるのがおすすめです。

でも私、今年は製品版に戻すことにしました。

なぜならば、ほとんど家で同じパソコンで仕事をしているので、オンラインである必要は無いから。
(その分、データのバックアップは頻繁にとらないと…ですが^^;)

あとはコストの問題です。
上に書いたとおり、白色申告ならばずっと無料で使えますが、青色申告の場合は2年目から有料です。
『セルフプラン』が年間8,640円、『ベーシックプラン』が年間12,960円です。

一方、製品版は定価12,960円だけど、セールで安くなっていたり。
以前に製品を買った人向けの特別クーポンも送られてきたので、それも使えました。

また、『あんしん保守サポート』という、次年度製品を無償で提供してくれたり、仕訳がわからない時に教えてくれるなどのサービスが、今ならキャンペーンで最大15か月無料です。
(条件あり。2018.3月現在)

あんしん保守サポート

 

またオンライン版に戻すかもしれませんが、とりあえず今年は製品版で…と思っています。

 

ちなみに、領収書の保管もパソコンでやっている…という方は案外多いようですが、違法になる可能性があるそうです。

私はそれほど領収書が発生しない仕事なので(事務用品などもほとんど買わない)、ノートに貼るという原始的な方法をとっていますが(笑)。

でも、枚数が増えてきたらパソコンで管理したいと思うかもしれません。

だからといって安易に画像で保管しないように気をつけないと…ですね。














follow us in feedly

ブログ村ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログへ



◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。