バッテリー内蔵のiPhoneケースを買ってみた!



ここ数年は手帳型のiPhoneケースを愛用していた私。
でも、子どもたち関係の電話が増えた今、すぐに着信相手を確認できない手帳型ケースは使いづらいと気づきました。

詳しくは日記がわりの別ブログで…☆

手帳型のスマホケースは育児中の身には不便だ!!と思う

 

そんなわけでAmazonで新しいiPhoneケースを買いました!

買ったのはバッテリーが内蔵されているiPhoneケース。

iPhoneの充電が切れても、バッテリーが内蔵されているので、それで給電することができます。
もちろんバッテリーの充電が必要ですが。

 

私、iPhoneの6s Plusを使っているので、バッテリーの持ちが悪いんですよね^^;
apple storeに持っていけばバッテリーを交換してもらえますが、もちろん有料。
iPhone 6s Plusの場合は3,200円ですが、対象外の機種の場合は8,800円もかかる…。
(保証対象の場合は無料)

バッテリー持ちが悪いと言っても、何もしていない状態で数時間で切れてしまうわけではありません。
なので、3,200円を出してまでバッテリー交換は必要なのか!?と思うので、なかなか思い切れずにいました。
家での充電でもなんとかなっているし。

 

でもやっぱり、いざバッテリーが減ってくると不安になるもの^^;
冒頭にも書いたとおり、子どもたちの用事での電話が驚くほどに増えてきていますし。

そこで今回見つけたのが、バッテリー内蔵タイプのiPhoneケースというわけです。
値段も普通のケースと変わらなかったので、即決しちゃいました!

まだ一度しか充電していないのでわかりませんが、とりあえず最初に充電した感じは好感触。
若干重さはありますが、それでも持ち運びに困るようなことはありません。
昔の携帯なんてもっと重かったし…(笑)。

 

ただ、スマホの下部分にバッテリーを付ける感じになるので、少し長くなった感はあります。
そのバッテリーについている電源ボタンをONにすれば、すぐにスマホに給電できるそう!
今週末にでも使う機会があるかな?ちょっと楽しみです。

重さとか機能とか、きっと使っていくうちに色々と感じることはあるでしょう。
でも、まず私の目的だった『着信相手がすぐに見える』ということはクリアされたので、だいぶ快適になりそうです。

手帳タイプもカードなど入れられるし、便利なんですけどね~。
PASMOやSuicaを入れることができるケースも魅力的でした。
でも私は普段電車に乗るわけではないし、カード入れは不要かな…と。

カード入れよりもバッテリーの方が重要!
求めるケースに出会えたので、良かったです。
壊れずに長い期間使えれば、なお良いのですが…。
そればっかりはまだわかりませんね。

 

ちなみに、今まで使っていたケースは、安くて質が良いので、1年以上使った今も綺麗!
取っておいて、手帳タイプにしたい時は使おうと思っています^^

Amazonプライム 30日間無料体験!














follow us in feedly

ブログ村ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログへ



◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪