犯罪・防犯情報が欲しいなら『メールけいしちょう』!



最近やけに不審者が多くて、どうやって子どもたちを守るか、引き続き頭を悩ませています。
娘が通う小学校だけではなく、近隣の小学校に通うお友だちからも不審者情報を聞くのですが、本当に多い!
ほぼ毎日…とまではいきませんが、週に数回は不審者情報を聞いている気がします…。

でもその情報、学校や園で登録を勧められた区の防犯メールでは流れてこないんですよね…。
流れてくる情報もあるのですが、私が知る限りではほとんど流れていません。
(中には動物虐待もあるのに…)

なので、区から防犯メールが流れてこない=安全というわけではないんだと思い知りました。
じゃあ一体どこで情報をもらえばいいのか!?となると、やっぱりママ友が一番だとも…。
みんな子どもを守ることに一生懸命なので(そうではなさそうな方も案外いますが…放置してたりね…)、そういう情報が回るのは早いです。
ママ友、子ども会の方、ご近所の方は本当にありがたいですね。

小学校に入ってからこそ『ママ友』が大事

 

でも、近所に子育て中のご家族がいなかったり、仕事の状況だったりで、なかなかママ友と話す時間が無い・他のお母さんと知り合う機会が無いという方も多いでしょう。
そんな場合におすすめしたい情報源が、警視庁で配信している『メールけいしちょう』!

メールけいしちょう 警視庁

欲しい地域の犯罪情報を届けてもらえます。
犯罪情報も必要なものだけ選べるし、配信される時間帯も選べます。

私は、「すべての犯罪を時間帯設定無し」で配信してもらうように設定しています。
やっぱり不審者情報はリアルタイムで知りたいですしね…。

まだ登録してからそれほど経っていないのですが、すでに何通も不審者情報が届いています。
子どもを対象にした公然わいせつや、女性の腕をつかんで連れ去ろうとした連れ去り未遂とか…。

やっぱりそれらの情報は区からの防犯メールでは流れてこなかったので、犯罪情報を知るには『メールけいしちょう』が一番良さそうです。

 
ちなみに先日、学校で行われたセーフティ教室を見に行き、警察の方のお話を聞いたのですが、不審者に遭遇したけど防犯ブザーで助かったという児童が、思っているよりも多かったです。
私は「防犯ブザーだけじゃちょっと…」と、その効果に疑問を感じていたのですが、やっぱり配布されるだけのことはあるよう。
子どもにもっとちゃんと、防犯ブザーの使い方を教えていかないと…と反省しました。
いざという時に音を鳴らせなかったら意味ないですからね…。

また、「防犯ブザーを目立つところに付けている子どもは狙われにくい」そう。
ランドセルだけではなく、習い事や休日に持って行くカバンにも付けさせようと思います。

可愛い防犯ブザーもいいけど、そう思うと明らかに『防犯ブザー』だとわかるものの方が良さそうですね。














follow us in feedly

ブログ村ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログへ



◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。