肩甲骨ダイエットになる!?キャンドゥでストレッチチューブを購入!

多くの人が抱えている健康面での悩みというと、思い当たるのは「肩こり」ではないでしょうか。
パソコンやスマホの使用が多い現代では、肩こり=現代病とも言われています。

でも肩こりの原因って姿勢だけではないんですよね。
眼精疲労や頭痛、自律神経の乱れで、肩こりが引き起こされてしまうことも。

また、その逆もあり、それらの症状と肩こりは相互関係があると言われています。

肩こりの原因は一つとは限らないので特定が難しいのですが、いずれにしても「肩が緊張状態にあることから血流が悪くなる」ことが引き金となります。
なので、肩の緊張をほぐして血流を良くしてあげることが、肩こりを改善できる一番の方法です。

 
実は私も、かなり頑固な肩こり持ち。
ファイテンを付けていないと、肩がこりすぎて頭痛や吐き気がしてしまいます。

また、そのファイテンもそれほどの効果は感じず…。
前は効果を実感していたんですけどね…年齢を重ねるごとに肩こりがひどくなってきたのか、最近では「あればマシ」程度になってしまいました。

そのように頑固な肩こりなので、ビタミン剤なども飲むのですが、これまたそれほどの効果が見られず。
ツボ押しやマッサージも、気持ちいいのはその時だけなんですよね。
なのでやっぱり、ストレッチや運動をしなきゃいけないな…と。

そんな時、たまたま入ったキャンドゥで、ストレッチチューブを発見!!

IMG_2469

もしも習慣にできなかったとしても、108円なので損した感はありません(笑)。

ただ、ダイエットだとなかなか続かない私ですが、今回購入したきっかけは首や肩の痛みですから、続けられそうな気はしています。
ここ数日やっていますが、肩甲骨のあたりが伸びて、かなり気持ちいいです!!
肩こりの改善効果はまだ感じませんが、結構いいんじゃないかな?という感触です。

 
そして、このストレッチチューブ、より良い使い方はないか?と調べてみたら、「肩甲骨ダイエット」というものに行きつきました。
もしかしたら、肩こり改善だけじゃなくて、ダイエットもできちゃうかも!?
 
**************************
スポンサーリンク



**************************
 

「肩甲骨ダイエット」って何?

なんでも、肩甲骨は「上半身の骨盤」とも呼ばれているそうです。
(骨盤ダイエットというものも流行りましたね!)

肩甲骨まわりには褐色脂肪細胞というものが多く集まっていて、それを活性化することで脂肪が燃焼しやすくなり、基礎代謝も上がります。

褐色脂肪細胞には、食べ物から得た脂質や糖質をエネルギーに変換する働きがあるため、褐色脂肪細胞が活性化されることによって脂肪の燃えやすい体になり、痩せられるというのが肩甲骨ダイエットの仕組みです。

出典元:ダイエット美

また、肩甲骨を動かすとリンパの流れが良くなるので、セルライト除去の効果もあるとのこと。
これは嬉しいですよね~。

でも、なんだか意外ですよね。
セルライトというと、太ももやふくらはぎのマッサージしか除去できないというイメージがありますが、肩甲骨が関係しているとは…。

 

肩甲骨ダイエットの「実感できる」効果!

そのように、肩甲骨をほぐすことで大きな効果がありそうですが、やっぱりわかりやすく効果を実感したいですよね。
代謝が良くなると言っても、その効果を実感できるのは少し先になるでしょうし…。

でも、1ヶ月程度で実感できる効果もあります!

・むくみや疲れがすっきりする。
・姿勢が良くなる。
・肩こりや腰痛が改善する。

これだけ実感できれば万々歳でしょう~。
続けて良かった、試してみて良かったと思うはずです。

体重や体型はまだ変わらないかもしれませんが、これらの効果が「痩せる」ことにつながっていくので、まずはここを目指すといいかもしれませんね。

またここで「効果があったよ!」とご報告できるためにも、私も続けてみようと思います!

最強の「肩甲骨」ダイエット [ Gettaman ]

**********************************
スポンサーリンク

**********************************

◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪



Twitter、feedlyでもフォローいただけたら嬉しいです♪

follow us in feedly

Instagramはじめました!
@freekao146

ブログ村に参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログへ

**********************************
スポンサーリンク

**********************************


あわせて読みたい