美味しいしらす・生しらすが食べたい!そんな時は江の島・湘南へ!

しらす、美味しいですよね~。
魚の中でもクセがなく、食べやすいことから、小さな子どもも大好きな食材です。
赤ちゃんの離乳食にもよく使われますね。

そんなしらす、もちろん子どもだけではなく、大好きな大人も多いでしょう。
スーパーで販売されているしらす干しや釜揚げしらすもいいですが、今年は生の新鮮なしらすを食べに行ってみませんか?

海水浴で有名な、あの江の島・湘南エリアでは、とっても美味しい生しらすが味わえます!
私たちも去年、辻堂海浜公園ジャンボプールに行ったあと、美味しい生しらすを堪能しました。
その美味しさは、テレビや雑誌で見る以上!
また今年も食べに行きたいと思ってます。

その時の感想や画像は後にして、今回は生しらすについてまとめました!
**************************
スポンサーリンク



**************************
 

生しらすの魅力

「生しらす」とは、その名前のとおり生のしらすのことです。
スーパーなどで販売されているしらすは火を通しているので、数日間は食べることができますよね。
でも生しらすは、数時間ですぐに新鮮さを失い、食べられなくなってしまいます。
そのため、限られた場所でしか食べられなく、生しらすを食べるためにわざわざ遠方から出かける人も多いようです。

また、毎年1~3月は、しらす漁が禁止されています。
その解禁日は、生しらす料理店でも仕入れられないほどの人気で、多くのお客さんが殺到するそうです。

その生しらすの魅力は、食感と旨みです。
最初、口に入れた時は若干の苦みを感じますが、それがまたクセになる感じなんです!
お店によって、しょうがが添えてあったり、ポン酢が添えてあったりと、味のバリエーションも楽しめますが、何も付けずにそのままいただいても美味しいですよ!

行ってみたい!江の島・湘南の生しらす人気店

生しらすは静岡や兵庫、愛知県の漁獲量が多く、そのエリアでももちろん食べることができます。
でも、首都圏から近くて行きやすい、江の島や鎌倉のしらす店が特に有名で人気があります。

◆しらす問屋 とびっちょ本店

メディアなどにも多く取り上げられるほどの人気店です。
本店では休日ともなると、驚くほどの大行列が!
とびっちょのこだわりは、その日の朝に獲れた新鮮なしらすしか提供しないということ。
そのため、生しらすのメニューがないという日もあります。
あることを祈って、お店に向かいましょう!

■ 基本情報
・名称:とびっちょ 本店
・住所:神奈川県藤沢市江の島1-6-7
・アクセス:駅を降りたら江ノ島弁天橋を渡り、江の島に向い、島に入ったら左のほうへ。
100メートルほど進んだ右側。
・営業時間:11:00~21:00(L.O.20:00)
・定休日:不定休
・電話番号:0466-23-0041

出典元:http://find-travel.jp/article/347

公式サイト:しらす問屋 とびっちょ

また、とびっちょは本店以外にもお店がたくさんあります。
私たちはある商業施設のフードコートで、生しらすやかき揚げ、お子様セットなどをいただきました!
そのことについては最後に!

◆江ノ島小屋

江ノ島小屋は、生しらすだけではなく、湘南の美味しい魚が食べられるお店です。
お店の公式サイトを見ると、意外にも生しらすよりも地魚をおすすめする店長(小屋長)のコメントが掲載されています。
なんでも、湘南にお住まいの方は生しらすよりも釜揚げしらすがお好きという方が多いそうで。
そんな中でも生しらすが美味しいと人気の江ノ島小屋さん、かなり期待できそうですね!
私も行ったことがないので、いつか行ってみたいと思ってます。

■ 基本情報
・住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2-20-12
・アクセス:小田急線「片瀬江ノ島」駅より徒歩3分。
江ノ島電鉄線「江ノ島」駅より徒歩15分。
湘南モノレール「湘南江ノ島」駅より徒歩15分。
・営業時間:8:00~15:00 17:00~22:00
・定休日:第一水・木曜日
・電話番号:0466-29-5875

出典元:http://find-travel.jp/article/347

公式サイト:江ノ島小屋

◆しらすや

しらすやは、「網浜水産」直営のしらす&地魚料理店です。
腰越漁港の目の前にあり、獲れたての生しらすを食べることができます。
生しらす、釜揚げ、たたみいわしなど、いくつものしらす料理が一度に楽しめる「しらすづくし定食」が人気です。

■ 基本情報
・名称:しらすや
・住所:神奈川県鎌倉市腰越2-10-13
・アクセス:江ノ島電鉄・腰越駅より徒歩3分
・営業時間:11:00〜17:00
・定休日:木曜
・電話番号:0467-33-0363

出典元:http://find-travel.jp/article/347

また、近くには、しらす丼がメインの「しらすや本店」も!
どちらも店内が綺麗なので、女性同士やデート、ファミリーでも居心地が良さそうです!

公式サイト:しらす料理「しらすや」

フードコートで「とびっちょ」のしらす!

上にも書きましたが、我が家は残念ながら江の島などに有名店に行って、生しらすを食べることはできませんでした。
当時は1歳児がいたので、長時間並ぶのは難しいかな、と…。
でも、運よく、某場所でとびっちょのしらすを食べることができました!

その場所はテラスモール湘南のフードコート「潮風キッチン」!
湘南エリア、神奈川県内の人気のお店がずらっと並んでいて、東京に住んでいる私にとってはどのお店もあまり馴染みがなく、どれを食べようか迷ってしまうほどでした。
その中で食べたことあるのは梅蘭の焼きそばぐらい。(美味しいですよね!)

この時も梅蘭の焼きそばを頼みましたが、やっぱり、とびっちょの生しらすも食べたい!
しかもラッキーなことに、生しらすメニューがありました!
(上にも書いたとおり、獲れなかった時は生しらすは提供されません。)

こんな機会は二度とないかも!?
というわけで、とびっちょの生しらす初体験!

休日はこのフードコートの店舗も並ぶようですが、この時は平日(確か金曜日)の夕方だったので、並ばずに購入できました。
重ね重ね、ラッキーでした!

生しらす生桜エビ丼
IMG_0570
新鮮なしらすと桜エビがたっぷり~!
1550円と、値段だけ見るとちょっとお高い気がするかもですが、ボリュームがすごいし、何よりも新鮮なしらすと桜エビが食べられるのですからお得だと思います。
酢飯ですが、下に野菜が敷いてあることもあり、さっぱりパクパク食べれます。
うちの子どもたちも食べてました。

とはいえ、やっぱり子どもに生ものはちょっと怖い。
(繰り返すようですが、当時下の子はまだ1歳半でした。)
なので、お子様ランチを!
IMG_0568 (1)
釜揚げしらす丼、たこの唐揚げ、エビフライ、ポテトフライなど、子どもの好きなものが詰まってました!
ジュースとおもちゃも付いて780円!
次は自分が食べたいな~と思っちゃいました。

そして次の日。
(この時は、泊まりの湘南小旅行だったので☆)
どこでランチしようかな~と迷ったのですが、やっぱりどうしてももう一度しらすが食べたい!

ということで、再度テラスモール湘南へ。

釜揚げしらす丼
2015-08-13_033237121_A2580_iOS
ごはんに乗せるなら、やっぱり釜揚げの方が好きかも!
ボリュームがあるので、子どもたちとシェアしました。
でも890円!
こんなに美味しくてボリュームたっぷりなのに、なんてお財布に優しいのでしょう…それにも感激!

やっぱり生しらすも食べたい!
ということで、一品追加。
2015-08-13_033257224_B541B_iOS
ごはんと一緒に食べるのもいいけど、私はしらすだけで食べる方が好きかも!
食べ応えたっぷりで、500円というお値段も嬉しすぎ!

ちなみにこの日は土曜日だったので、前日の夕方のように並ばずに買うことはできず。
結構並びましたが、その価値は充分にありました!

土日限定の「ミニかき揚げ・味噌汁・ドリンクセット」というものもあったので、迷わず追加。
2015-08-13_033302167_EFB81_iOS
かき揚げ、サクサクだったなぁ…。
味噌汁も、あおさでダシがきいてて、とっても美味しかったです!

こうやってまとめていたら、今週末にでも食べに行きたくなってしまいました(笑)。
今度は江の島に行きたい気もしますが、やっぱり子どもたちを遊ばせることもできるテラスモール湘南にしようかな~とも思ったり。

とびっちょは、他のところにも出店しているので、今度は違うところでも味わってみようかなとも思ってます。

もちろん、他のお店の生しらすも、機会があったら食べてみたいな~!

**********************************
スポンサーリンク

**********************************

◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪
はてなブログでも日記更新中☆




follow us in feedly にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ