起きたら肘が激痛!これってテニス肘ってやつ!?

耳下腺炎になったり、肩こりに悩まされたり、歯の詰め物が取れたりと、なんだか踏んだり蹴ったりの私ですが(笑)、ここにきてさらに過酷な状況に…。

起きたら、腕(肘)が痛くて、思うように動かないんです!

寝違えたのかな?と思っていたのですが、一向に良くならず…。
むしろ、その翌日は悪化してきたような気配。

でも外傷はないし、ぶつけたような記憶もない。
(押すとアザのようなズキズキ感はあるんですけど)

一体なんだろう?と思って調べてみたところ、もしかしたら「テニス肘」ってやつかもしれません…。
 

************************************
スポンサーリンク



************************************

テニス肘とは?

私、今まで「テニス肘」という言葉自体を知りませんでした。
テニスしませんし。
スポーツとも無縁ですし。

なので本当にそうかな?と、まだ半信半疑なのですが、どうやらテニス肘は単なる名称(通称)で、パソコンやスマホが原因でなる人も多いようです。
それならば納得できます。
なんせ、仕事で毎日5,000字程度の文章を書きますし、答案用紙の採点などもしているので、腕は酷使している方だと思います。
なので、充分にテニス肘になる資格はあるようです…。

そのテニス肘、Wikipediaによると、こうです。

テニス肘(テニスひじ)は、テニスなどのラケットを使用するスポーツをする人にみられる上腕骨外側上顆炎または上腕骨内側上顆炎のこと。

出典元:テニス肘-Wikipedia

なんだか難しい病名ですが、要は肘の外側部分の炎症のようです。
稀に骨が原因でなることもあるようですが、ほとんどの場合は腕を使いすぎたことによって筋肉が疲労し、炎症を起こしてしまうことによるもの。

テニス肘かどうかは、自分で簡単にチェックできます。
nestraさんのサイトに、セルフチェック法が詳しく載っています。
 

テニス肘の治し方

さて、そのテニス肘、どうやって治すかというと「安静」に尽きるようです。
熱を持っている場合は冷却、湿布なども効果があるようで、医者に行ってもそれらを処方されるみたいです。
(私はまだ医者に行っていませんが…)

でも、いくら安静にと言われても、腕をまったく使わないのは無理ですよね。
家事もありますし、仕事もあります。

そんな時は、サポーターが効果的です。
私はサポーターが今無いので、包帯でぐるぐる巻きに固定してみましたが、かなり楽です!!
固定することがこんなに楽だと実感したのは、足首の骨折の時以来です(笑)。

※追記:その後、やっぱり痛みをぶり返したのでサポーターを購入しました。
包帯の方が私は楽でしたが、やっぱり手間が…。
【ゆうメール便!送料80円】バンテリンコーワサポーター [ひじ専用]ブラック ふつう (バンテリン サポーター ひじ用 肘用 肘 ひじ)

 
ただ、やっぱり安静に越したことはないようです。
つまり、今私がやってるようにパソコンを使うのは言語道断^^;
幸いにも今日は土曜日。
今日と明日は少しパソコンを控えたいと思います…。

**********************************
スポンサーリンク

**********************************

◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪
はてなブログでも日記更新中☆




follow us in feedly にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ