ウイルス性筋炎ってどんな病気?重症化する?

こんにちは。
この季節の変わり目、子どもだけではなく大人も体調崩しがちですよね。
我が家もなんとなく体調が優れない状況が続いています。

そして家族の1人が体の痛みを訴え、診てもらったところ「ウイルス性筋炎」とのこと…。
その名前からなんとなく体内に起きていることはわかりますが、普段あまり縁がない病気なので怖いものです。

家で治すことができるのか?
どのように過ごせばいいのか?
ちょっと調べてみました。
 

************************************
スポンサーリンク



************************************

ウイルス性筋炎とは?

ウイルス性筋炎は全身のだるさ、せき、鼻水、鼻詰まり、喉の痛みなど風邪の症状が先に起こり、大抵はその直後から2週間以内に発症する。腕や膝、太ももなどの筋肉がだるく、痛みなどを感じる。ウイルスによって筋肉がダメージを受けるためとみられている。

出典元:あなたの健康百科

「ウイルス性筋炎」というと、最初に書いたとおり、あまり縁がない病気と思ってしまいますが、インフルエンザなどにかかった際、筋肉が痛んだりだるくなるのもウイルス性筋炎だそうです。

ウイルス性なので、体からウイルスが出れば炎症も痛みもおさまるそう。
大体1週間程度で完治するとのことです。
 

ウイルス性筋炎の治療法は?

ウイルス性筋炎は、そのように体内からウイルスが出ないと治らないので、特にそれを促す治療は行いません。
痛みや発熱がある場合は解熱鎮痛剤を服用し、安静にして過ごします。

ただ、稀に重症化することもあります。
筋炎があまりにひどいと、急性腎不全や不整脈を起こしてしまうことも…。
そのような場合は点滴や、入院で治療を行います。

風邪で体が痛んでも、すぐに治るだろうと放置してしまいがちですよね。
でも、放っておくと、そのように重症化してしまうことも考えられます。
「たかが風邪」「たかが熱による筋肉痛」などと思わずに、あまりに痛みが続くようでしたら診てもらいましょう。
ウイルス性筋炎は風邪の症状から始まることが多いので、普通の内科でも診てもらえます。
 
幸い、私の家族はそれほど重症化しないうちに診察を受けたので、とりあえず普通の生活を送れそうです。
でもまだ油断は禁物。
しばらく様子を見ていきたいと思います…。
 

**********************************
スポンサーリンク

**********************************

◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪
はてなブログでも日記更新中☆




follow us in feedly にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ