ウイルス性胃腸炎に…。登園はいつから!?

こんにちは。
次女のアデノウイルスがようやく落ち着いたと思ったら、長女がウイルス性胃腸炎になってしまいました。

「ウイルス性胃腸炎」…なんとも曖昧な気がしますが、どのウイルスが原因かは便の検査をしなければいけないので、今の段階では仕方ないようです。

長女にみられるのは嘔吐だけ。
発熱や下痢はありません。
しかも嘔吐も、一晩で落ち着いたようです。

なので、このまま熱が上がらなければ登園しても大丈夫みたいです。
念のため、一日ぐらいは休ませようと思っていますが…。

でもなんだか、これぐらいの程度だと登園判断に迷いますよね。
明らかに「ノロ」や「ロタ」と言ってもらえれば、対応もしやすいのですが…。

**********************************
スポンサーリンク



**********************************

ウイルス性胃腸炎とは

「ウイルス性胃腸炎」とは、その名のとおり、ウイルスが原因で起きてしまう胃腸炎のことです。
嘔吐や下痢、発熱を伴い、人から人へと感染します。

どのウイルスが原因かは検査をしてみなければわかりませんが、その時に流行しているものを疑われるようです。
今のような冬場はノロウイルスが多いので、ノロウイルスを前提とされることが多いそう。

ですが、今回の我が子の場合はノロとは言われていません。
やはり下痢や発熱が無いことが原因だと思われます。

いずれにしても、ウイルス性胃腸炎の場合、原因のウイルスが何であれ治療法は変わりません。
子どもの場合は整腸剤を処方されたり、脱水症状がみられるようならば点滴をしたり…。
胃腸を休めるために絶食の指導もされます。

アデノウイルスと同じく対症療法のみで、ウイルスが自然に体内から消えるのを待つしかありません。
 

感染予防法は

ウイルス性胃腸炎は感染するので、吐しゃ物や便などの処理に注意が必要です。
飛沫感染もありますが、その多くは汚物が乾燥して空気中に舞い、それを吸い込んでしまうことで感染してしまうといったものです。
ノロウイルスが流行気配!二次感染には特に注意

アデノウイルスやインフルエンザウイルスのように、咳やくしゃみで飛沫感染してしまうことは少ないので(咳やくしゃみを伴わなければ)、その点では安心と言えるでしょう。

ウイルス性胃腸炎は激しい嘔吐が何度も続くので、やはり吐しゃ物の処理が要となります。
手袋とマスクをして、手早く処理しましょう。
固めるキットなども便利です。
吐しゃ物凝固剤(固めてポポイ) GK100 100g

空気中にはクレベリンなどの除菌剤があるといいですね。
スプレータイプならば手早く臭いも除去できます。
大幸薬品 クレベリンスプレー 300ml
 

何日ぐらい休めばいいの?

ウイルス性胃腸炎の登園基準は、「すべての症状が治まったら」ということになります。
インフルエンザやアデノウイルス、溶連菌感染症のように、登園・登校禁止期間が定められていません。
ノロウイルスはあれほど毎年流行するのに、なんだか不思議ですよね…。

というわけで、すべての症状がなく、全身状態が良ければ登園・登校はして大丈夫です。

ですが、園や学校によっては独自のルールを設けている場合がありますので、相談しておくと安心ですね。

また、登園・登校がOKになったとしても、ノロウイルスの場合は1ヶ月近くも体内にウイルスが残ってしまいます。
その期間は二次感染が充分に考えられますので、引き続き注意していく必要があります。

我が家の長女は、1日にしてすっかり症状が治まってはいますが、念のためあと1日お休みさせようと思っています。
食べてなかったので、急に給食を食べてしまうのも心配ですし…。

それにしても、次から次へと病気ばかりで嫌ですね…。
こっちがまいってしまいそうです…。

**********************************
スポンサーリンク

**********************************

◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪



Twitter、feedlyでもフォローいただけたら嬉しいです♪

follow us in feedly

Instagramはじめました!
@freekao146

ブログ村に参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ

**********************************
スポンサーリンク

**********************************


あわせて読みたい