骨折から抜釘手術(プレート除去)までの記録

以前、NAVERまとめでいくつか記事を書いていたことがありますが、現在はほとんど放置してしまっている私。
でも、1年以上経った今でも毎日多くのアクセスをいただいている記事があります。

それは、「骨に入れたインプラント(プレートやボルト)…抜いた方がいいの!?」というまとめ記事。
そのタイトルどおり、骨折の治療で使うインプラントの説明や、その抜釘手術についてまとめています。

詳細は、そのNAVERまとめ記事をご覧いただくとして、ここでは私の骨折~抜釘手術経験を書いてみます。
これから抜釘手術を控えている方、抜釘するかしないか迷っている方に、少しでもご参考になれば…!
 
※多くの方にご覧いただき、ありがとうございます!
抜釘手術から1年半後の状況を記事にしました。
そちらもご参考にしていただけましたら幸いです。
抜釘手術から1年半後の状態
(傷跡の画像がありますので、ご注意ください!)
**************************
スポンサーリンク



**************************

 

私が骨折した部位と、その恥ずかしい理由…

まず最初に、なぜ私が骨折してしまったか…。
書くのも恥ずかしいのですが、階段を一段踏み外しただけで、なんと足首を骨折してしまったんです。
最初は捻挫かな?と思ったのですが、痛みがひかず、どんどん腫れあがり…。
病院でレントゲンを撮ってもらったら、くるぶしがパカッと折れてしまってました。

私自身、骨折は初めての経験だったので「こんな簡単に折れちゃうの!?」とかなり驚きました。
でもそのとおり、簡単に折れちゃうようです。
しかも、たった1段の段差で…。

ちなみにその時、40歳。
若くはありませんが、まだそれほど骨のもろさに注意が必要な年代ではないですよね。
むしろ、強い方だと思います。
そんな私でも折れてしまうのですから、本当にただの階段・段差でも注意が必要なんだな~と実感しました。
 

そのまま入院、そして手術…

さて、そんなわけでそのまま入院になってしまった私。
小さい子どもが2人いるので、かなりパニックになってしまいましたが、折れてしまったものは治してもらうしかない。
一度家に帰りたかったのですが、帰っても歩けないですしね…。
 
そんなわけで、手術室が空いている最短の日に「骨節合術」を受けることになりました。

骨節合術とは、その名のとおり骨をくっつけるための手術です。
金属製のプレートやボルトで骨を固定して、くっつくのを待つとのこと。

私はギブスをして治すと思っていたので、手術と言われてショックでした。
たかがくるぶしの骨折で…とも思ったのですが、どうやらここでしっかりと治さないと、将来人工股関節になってしまう恐れがあるとのこと。
なので、選択の余地も与えられないまま、手術となりました。

IMG_2335
これが、私のくるぶしに入れられたプレート。
抜釘手術後にもらったものですが、手術前にはどんなものが入れられるかわからなかったので、そういう意味でもちょっと不安でしたね…。
 
それはさておき、2度の帝王切開を経験していた私。
手術自体に対する恐怖はあまり無かったのですが、全身麻酔だけは怖かったのを覚えています。
なんだか、目が覚めないような気がしてしまい。
(帝王切開は局部麻酔ですからね~)
麻酔の先生には「目覚めてもらわないと、こちらも大変です。」と笑われてしまいましたが、こちらは超真剣でした(笑)。

そんな不安と恐怖を胸に抱きつつ、いよいよ手術の日。
手術室に入ると、執刀の先生からは「じゃぁ、ゆっくり寝ててください。」というのんきな言葉。
その言葉のとおり、いつの間にかぐっすり寝てしまってました。
目覚めたのは手術室のどこかなのでしょうが、今でもあまり覚えてません。
 
何はともあれ、無事に手術は終わり、その夜もそれほどの痛みはなかったです。
そして翌日からは松葉杖による歩行訓練、リハビリなどが始まりました。
そのことはまた機会があったら書きたいと思います!
 

そして1年後に抜釘!

無事に松葉杖を使いこなせるようになり、めでたく退院!
でも、なんとなくモヤモヤした気分…。
1ヶ月ぐらいは松葉杖だし、リハビリに通わなければいけないというのもありましたが、それよりも「1年以内に抜釘手術(プレートを抜く手術)をしなければいけない」というのが、心に重くのしかかっていました。

上に書いたとおり、手術自体に対する恐怖はそれほどない。
でもやっぱり、受けずに済むならば受けたくないものですよね~。
抜釘手術は「任意」だったので、そこでもちょっと迷いました。
「ヨーロッパなどでは抜釘しないのが主流、でも日本人は抜きたがる」などという説も教えてもらい。

ただ、先生はやはり強く抜釘手術することを薦めてましたね。
なんでも、今使われているプレートやボルト、スクリューなどのインプラントは40年程度しか安全が保証されていないそうで。
私の場合、40年後というと80歳ぐらい。
まだ生きている可能性はあるので、早く抜いちゃった方がいいとのことでした。

確かに高齢になってからの手術は辛そう…。
しかも、1年以内に抜釘しないと、しっかり骨とくっついてしまうので、抜くのが大変だそうです。

なので、ほぼ1年後に抜く方向で考えてはいたのですが、この時点ではまだ未定。
なんせ退院したばかり、手術も受けたばかり。
次の手術を前向きに考えるような精神的余裕はなかったです。
 
でもそのうち、少しずつ歩けるようになるにつれて、抜釘手術をする必要性がどんどん高まってきました。
なぜならば、歩くたびにプレートが骨に当たる感じがして、ひきつれるような痛みが…。
そのせいで傷口もなかなか治らず、ケロイドっぽくなってしまいました。

本当はサージカルテープで傷口を保護しなければいけなかったのですが、私は怠ってしまい…。
プレートが入っているのですから、もっと真剣にケアしなければいけなかったです。
反省…。

そのプレート、DVDと比べると大きさはこれぐらい。
IMG_2334
これがくるぶし部分に入っていたのですから、そりゃひきつれもするよね…っていう。

そんなわけで、約1年後にめでたく抜釘手術!
この時は、ただ抜くだけだったので手術時間も短いし、術後のトイレも心配ないので導尿も無いし(導尿のバルーンが一番嫌でした!!)、気楽に受けられました。
術後もやっぱり楽でしたね~。
なんだか、ただ休養に来たような気分で、上げ膳据え膳を楽しむ余裕がありました(笑)。
しょっちゅうデイルームに行っては、漫画や本を読んでました。

ちなみにこの時は、2泊3日の入院で71,720円でした。
差額ベッド代無し(大部屋)、食事は手術当日は絶食だったので2食分です。
明細を見ると、どうやら全身麻酔代が高いみたいですね~。
日帰り手術・局部麻酔で行える部位の抜釘手術ならば、20,000円程度でできると聞いたことがあるので、明細をもらった時「思ったよりも高いな~」と思った覚えがあります。
 

抜釘手術はした方がいいか、私の結論!

ざっと駆け足になってしまいましたが、そんなわけで私の骨折もめでたく完治しました。

この経験から、抜釘手術はした方がいいか、しなくてもいいかを考えると…
手術に耐えられる体力・気力があるならば、絶対にした方がいいです!!

安全な医療用器具と言えども、やっぱり異物ですからね…。
体内に入っているのは気持ち良くないものです。
抜いて、足首はスムーズになりましたし、気持ちもスッキリしました!!

そしてもう一つ、大きなメリットが!
医療保険によっては、抜釘手術も手術給付金が出るんです!

私はたまたま、出るタイプの保険に入っていたので、155,000円も保険金が下りました。
上に書いたとおり、入院費用の総額は71,720円だったので、これだけで結構なプラス…。
主人の会社の組合からも見舞金をいただいたので、かなり儲かりました(笑)。

健康が一番!こんなことで喜ぶべきじゃない!…とわかってはいましたが、やっぱり嬉しかったですね~。
手術をがんばった甲斐もあったってものです!

医療保険…大事です。


何度でも無料相談OK!【保険トレンド】

費用面はおまけになりますが、総合的に考えると、やっぱり抜釘はした方がいいです。
迷っている方は前向きなご検討をおすすめします!!
 
抜釘手術後の際にまた傷ができますので、傷あと保護のサージカルテープも忘れずにご用意を!!

ネクスケア キズあと保護&肌にやさしい不織布テープ マイクロポアメディカルテープ ブラウン 22mm×5m【楽天24】[Nexcare(ネクスケア) サージカルテープ]【20bai3】【meb2】

**********************************
スポンサーリンク

**********************************

◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪



Twitter、feedlyでもフォローいただけたら嬉しいです♪

follow us in feedly

Instagramはじめました!
@freekao146

ブログ村に参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ

**********************************
スポンサーリンク

**********************************


あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. さらさら より:

    はじめまして。
    来月抜釘手術を控えています。

    私は25年前に靭帯再建手術を
    しました。
    当時は抜釘手術はしないで、墓場まで持っていくということだったのですが、医療は変わります。
    いつのことからか、抜釘手術することに
    なっていました。

    かなーり私の場合、時間があるので
    先生が骨を 掘る と言ってました。。。

    全身麻酔も怖いです。。。

    けれど私の場合20歳の時に
    手術しているので(年齢バレバレですね)
    今しかないと思い決断しました。

    高齢になったとき、ボルトが悪さしても
    手術は厳しいだろうと思いました。

    検索しても抜釘手術25年経過している人のサイトは見あたりませんでした。

    こちらのサイトはとても
    詳しく丁寧に書かれていて
    勇気が持てますね。
    私もこれから手術に向けて、ブログを始めようかなと思っています。

    足良くなって良かったですね✩°。⋆⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝抜釘手術の記録ありがとうございましたm(_ _)m

    • freekao より:

      さらさらさん、初めまして!
      コメントありがとうございます!

      来月に抜釘手術を控えられているとのこと、ドキドキですね…。
      全身麻酔が怖いというお気持ち、よーくわかります!!
      本文にも書きましたが、「目が覚めないんじゃないか?」ということが一番心配でした…。
      今思えば、かなりの取り越し苦労だったんですけどね^^
      骨折手術の時も抜釘手術の時も、本当に「眠っている間にすべて終わった」という感じでした!

      また、私は帝王切開をした時、麻酔の影響で術後に吐いてしまったのですが、全身麻酔は平気でしたね~。
      今は年単位で、麻酔薬もだいぶ向上しているようです。
      (本当に医療の進歩はすごいですね!)

      おそらく、さらさらさんと私は同世代だと思います。
      (40代半ばです☆)
      先生方には「若いし、体力もあるから、手術後は楽勝だよ」みたいに言われてました。
      自分では「え?若い?」という感じでしたが(笑)、先生方の言う通り!
      回復も早かったです。
      同じ病室にいるご高齢の方々も手術に臨まれていて、その姿に勇気づけられたりもしました。

      なんて、長々とすみません。
      さらさらさんの抜釘手術が無事に終えられるのをお祈りしています!
      ブログ開設したら、ぜひ教えていただけたら嬉しいです!

      ありがとうございました!

  2. 匿名 より:

    同じく1段で足首2ヶ所骨折し、手術したものです。まだ術後3週でリハビリ療養中です。あ、帝王切開2度も同じです。健康のありがたさに気づかされる日々です。今年は厄年、八方ふさがりなのでこの位で勘弁してほしい(笑)(笑)
    術後の経過や抜釘についても前向きになれました。ありがとうございました!

    • kao より:

      コメントありがとうございます!
      今リハビリをされているとのこと、お辛いですね…。
      早くご回復されることをお祈りします!^^

      帝王切開2回、しかも骨折の手術…本当にもう勘弁してほしい!ですね(笑)。
      きっと私たちは一生分?(20年分ぐらいかな?)の厄を一気に受けてしまったということで、この先の人生は良いことだらけと期待しましょう!!(笑)

      コメントありがとうございました!
      お大事に、リハビリがんばってくださいね!