個人事業主も母親も、最大の仕事は『健康管理』だと思う



暑い日が続き、夏バテが心配な今日この頃。
今のところ、家族全員が元気に過ごしていますが、夏の疲れって秋にどっと出ますよね…。
熱中症対策や夏バテ予防だけではなく、疲れを引きずらないようなケアもしていかなきゃ…と思っています。
悲しいことに、1年前の夏ってこんなに疲れたっけ?と思うほど、加齢の影響をひしひしと感じるようになってきたので…(笑)。

子どもたちに必要なのは、まず熱中症対策ですけどね!!
いよいよ運動会!熱中症対策どうしよう…

でも、保冷水筒での水分補給効果もあり、今のところ熱中症の心配は無く、元気に過ごせています。
『保冷水筒』が大きな役割を果たしてくれています!

|特価|子供用水筒 サーモス(thermos) 真空断熱2ウェイボトル 直飲み&コップ付 カバー付 1L FFR-1004WF ( ステンレスボトル 保温 保冷 2way 1リットル すいとう )

そして、いつも微妙に体調を崩しがちな私ですが(このブログも読み返すと病気ネタばかり…苦笑)、これからの半年は大崩れなく、元気に過ごしたいものです!

色々と悩みや心配はありますが、それを解決するにも、やっぱり健康は大事だな…と。
タイトルに書いたことを、つくづく実感しています。

仕事やお金のことで悩んでも、それは結局、その悩みの原因である『仕事』や『お金』で解決できるものです。
それほど簡単にはいかなくても、いつかどうにかなるものだと私は思います。

子どものことで悩むことはありますが、それも子どもと向き合うことで解決できることが多いでしょう。
それには時間や気力、周囲のサポートなど、たくさんのものが必要になることもありますが。

でも、それらを解決するにも、大切なのはやっぱり『健康』。
健康じゃないと働くことも、お金を使うことも、子どもと思うように過ごすこともできません。

当たり前のことですが、健康管理が人生で一番大切なんだな…と実感しています。

その当たり前のこと、若い時はまったく重視していなかったし、健診も嫌だったり、健康志向を理解できなかったところもありました。
でもやっぱり若い頃から…せめて20代前半ぐらいから気をつけていれば良かったのかな…と少し後悔しています。

たった10個のルールで、疲れ知らずの「極上の健康」を手に入れる食事術【電子書籍】[ 久保山 誉 ]

特に個人事業主は、健康管理が最大の仕事だと思います。
会社に属していれば健康診断もありますし、病気になっても保障がありますが、個人事業主はそうはいきません。
定期的に人間ドックを受ける、医療保険に入る等、自分で考えて動くことが大切です。

人間ドックをどうやって受けたらいいのか、どこで受けたらいいのかわからない場合は医療機関を検索できるサービスを利用すると良いと思います。

人間ドックのここカラダ

私も健康診断を受けています。
再検査になってしまいましたが、それも無事に終了。

血液検査の再検査を受けてきました

痛い出費ではありましたが、やっぱり健康には変えられません。
必要経費だと思います。

ですが個人事業主の場合、人間ドックの費用は『経費』として計上できません。
青色事業専従者として働いている家族も同様です。
ただ、もしも従業員を雇っている場合、その従業員に関しては『福利厚生費』とすることにできます。

なんともややこしい…。
要は、“個人事業主が経費で落とせるのは事業にかかわるものだけ”。
でも“個人事業主が雇っている一般の従業員に関しては経費でOK”。
これは、個人事業主には『福利厚生』というものが無いから。
健診は福利厚生に入るので、個人事業主には適用されないというわけです。
健診費用も経費にできれば、人間ドックを積極的に受ける人が増えるんじゃないかと思うのですが…。
そう決められているので仕方ないですね。

個人事業主が迷う「これって経費?」覚えてお得なQ&A29選!

何はともあれ、すべてのことは健康が資本。
個人事業主にしても、母親としても、健康管理が一番の仕事だと思います。
健診を定期的に受け、自分なりの健康法を見つけて、上手に管理していきたいですね。














follow us in feedly

ブログ村ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログへ



◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪