ロキソニンの最強さで抜歯後が楽に!



 
親知らず抜歯の翌朝は割と調子が良かったのですが、夕方につれて痛みがだんだん強くなり、「2日目か3日目が痛みのピーク」というのは本当だったんだな…と実感しています(泣)。

抜歯直後から、家にあったイブプロフェンの鎮痛剤『スカイブブロン』を飲んでいました。

抜いた部分に多少の違和感はあるものの、これを服用すればだいぶ楽になっていたので、これで乗り切れるかな?と思っていたのですが…。
夕方になるにつれて、飲んでもズキズキとした鈍い痛みが残るようになってしまいました。

というわけで、歯医者でも処方される『ロキソニン』を買ってきました。
親知らずを抜歯した人のブログや口コミを読むと、ロキソニンが一番効くということだったし…。
なんでも、ロキソニンが効かないほどの痛みならばドライソケットになっている可能性が大だそうです。
つまり、正常な治癒過程を経ていれば、ロキソニンで痛みが抑えられるということ。
そこまで素晴らしい薬ならば買わない手はありません!
今はドラッグストアでも購入することができます(薬剤師さんがいるドラッグストアに限りますが)。

ロキソニンS(詳細)|第一三共ヘルスケア

そんなわけで買いに行き、さっそく飲んでみたのですが、効き目はちょっと遅い気が。
でも、30分を過ぎたぐらいからだんだん楽になってきました。
そしてその後、急激に痛みが消滅!!
普段の状況と変わらないぐらい、とても抜歯したとは思えないぐらい、痛みをまったく感じなくなりました。

しかも、19時に飲んだのですが、22時を過ぎた今でも持続している。
なんでもロキソニンの持続効果は平均7時間だそうです。
スカイブブロンで痛みを抑えていた時は、服用間隔の4時間が待ち遠しいほどだったのに…。

スカイブブロンも、頭痛や生理痛には充分効果があるし、悪い薬ではないと思います。
でもやっぱり、抜歯した後などの激しい痛みにはイブプロフェンは向いてないのでしょう。
もっと早くロキソニンを飲めば良かった!
用意しておけば良かった!と思いました^^;

変な話、ここまで効く鎮痛剤が世の中にあるのか!!と感激すらしています(笑)。
ボルタレンの方がさらに強力という噂がありますが、ボルタレンは骨折などの場合に処方されることが多く、歯医者では大体ロキソニンのようですね。

医者で処方してもらった方が経済的ですが、ドラッグストアで買っても安いし、これから鎮痛剤はロキソニンを常備しておこうと思います。

こう考えると、今まで生きてきた中で最大の痛みだった子宮筋腫の変性、よくカロナールで乗り切ったな…(笑)。
妊娠中だったので仕方ありませんが。
ロキソニンだったらすごく楽になったんだろうな~。

抜歯後のようにしばらく飲む可能性があるなら、胃にやさしい『ロキソニンSプラス』が良いかと。
私もこれを買いました!














follow us in feedly

ブログ村ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログへ



◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。