親知らず抜歯6日目:ドライソケットじゃないか心配になってきた…



 
左下の親知らずを抜歯して、明日で1週間。
今日で6日目なので、そろそろ痛みが落ち着いてくるだろうと思っていました。

…が、ぜんぜん落ち着かない^^;
鎮痛剤が切れてくるとズキズキと痛んできます。

抜歯経験者のブログを見たり、掲示板などを読むと、1週間ぐらい痛みが続くことは通常の範囲のようではありますが…ドライソケットなんじゃないか!?と心配になってきました。

ドライソケットとは、抜歯後の傷に血餅(血液がゼリー状になったもの)がみられないために歯槽骨が露出し、傷に強い痛みがあることをいう。抜歯の偶発症で、下顎の埋伏智歯の抜歯後のものが多い。

出典元:Wikipedia|ドライソケット

とりあえず血餅が取れたという心当たりは無いのですが(止血剤らしき物は取れたけど)、そもそも血餅ができづらい体質の人もいるらしい。

私の場合、抜歯直後にちょっと綿を噛んだだけで血が止まり、家に帰ってからもまったく出血しませんでした。
これはラッキー!と思っていましたが、よーく考えると血が出ない=血餅ができない、のかも…^^;

噂によるとドライソケットになってしまうと、空気が触れただけでも激痛らしいし、鎮痛剤も効かないようなので、効いている私は違うのかな?とも思うのですが。

ちゃんと抜歯跡を見てみればいいのでしょうが、なかなか見る勇気が無く…。
明日は受診日なので、それまで辛抱しようと思います^^;

でも、昨夜は少し眠れた気がします。
やっぱり痛みで一度起き、薬を飲みましたが、その後は5時間近くぐっすり。
やっと高反発マットレスを買って、昨日から使っているので、その効果もあるのかもしれません!
寝具、大事ですね~。
お金に余裕ができたらトゥルースリーパーとか買ってみたいなぁ。

でも、今回買ったものでも充分な感じです。
子どもたちも寝心地が良いと言っていました~。

今夜はさらにぐっすり眠れますように…。














follow us in feedly

ブログ村ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログへ



◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪