育児中の母親こそ健康が大事!時間が無くてもセルフ検査を!



小さい子を育児していると、子どもの体調ばかりが気になり、自分のことがおろそかになってしまっている…というお母さんも多いでしょう。
と言うか、そうなってしまうのも仕方ないですよね^^;
乳児の頃は特に、授乳や夜泣きで睡眠時間もろくに取れず…。
食事も適当にささっと済ませなくてはいけなかったり。

産後の体調や健康管理が大事とわかってはいても、自分のことを優先できない状況が続くという…。

 

でもやっぱり子どものためにも、お母さんこそ健康でいなければいけません。
育児が少しずつ落ち着いてきた頃にでも、やっぱり健診を受けることは大事だな…と実感しています。

私も長女が3歳、次女が6ヶ月の時に入院しましたが、その時は本当に大変だったみたいです。
当の本人(私)は、子どもたちを心配しつつも、育児から少し離れて看護師さんたちにお世話していただけて、幸せを感じたりもしていました(笑)。
用意しなくても食事が出てくるというだけでも天国!という。

その時の入院は病気ではなくケガで数日だったので、そのような精神的余裕がありましたが、これが長期に及ぶ病気だったり、入退院を繰り返さなければいけなくなったら…。
そう思うと、本当に怖くなります。

思うように体調管理ができなくても、せめて病気の早期発見はしたいところです。

でも、自営業や専業主婦だと、本格的な健診を受ける機会が少ないもの。
私は幸い(?)年齢も年齢なので、区から健診の案内もきますし、組合で健診を受ける機会もあります。
ただ、それだけじゃ不足かな…と思ったりもして。
今はセルフでできる健診も増えているので、ちょっと試してみたい気がしています。

セルフで…というと、ちゃんとできるか心配なものですが、案外平気そう。

と言うのも、私が受けている組合の健診、子宮がん検診もセルフなんです。
検尿や検便のように、自分で細胞を取って持っていきます。
ちゃんと取れているか不安だったりもしますが、ちゃんと結果が出ているので大丈夫かな…と。

もちろん、ちゃんとお医者さんに健診してもらうことも必要なので、その結果を過信してはいけないと思ってはいますが。

 

そこまで本格的ではなくても、血液と尿だけでがんや生活習慣病のリスクを判定してくれるキットもあります。
それならば手軽に採取できるし、失敗の可能性も低いでしょう。
郵送すれば結果を送ってくれるので、わざわざ出向く必要もありません。

もしもがんのリスクがあった場合でも、どこの部位か?という診断まではできないようですが、それでも病気の早期発見はできますね。

男性用・女性用がセットになった『ご家族セット』は割安なので、夫婦で受けておくと、より安心できそうです。

特に我が家の場合、1人目から高齢出産だったので、子どもたちが一人前になった姿や、孫を見るためには、よっぽど健康に気をつけないといけません…!
今は上記のキットのように、健康に関する便利なものや情報が溢れているので、上手に使いながら、健康管理をしていきたいと思っています。

いんちきっぽいのは嫌ですけどねー。














follow us in feedly

ブログ村ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログへ



◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪