クレヨンとクレパス、その違いは!?

長女の入学説明会も終わり、あとは入学に向けて準備するだけとなりました。
必要な物を買ったり、写真撮影をしたり…。
どうしようか迷いましたが、一応スタジオアリスを予約しちゃいました。
やっぱり成長の節目ですしね…素敵な写真を残してあげたいと思います。

心配していた上履き靴に関しても、学校での販売会があるようなので、最初はそれを買おうかな~と思っています。
ネットで買った方が安いのは間違いないんですけどね…。
なので、買い替える時はネットで!と思っています。

子どもの上履き、選び方のポイントは?

その他、体操着や防災頭巾(カバーも)なども販売会で用意されるようなので、それにしようと思っています。
それらも自由に、他のお店で買ってもいいんですけどね。
でも、選び方に自信もないし、防災頭巾カバーにいたっては手作りなどとんでもなく(笑)、学校が推薦してくれるものが無難かな、と。

上履き袋や体操着入れは、特に指定が無いので、本人の好きなものを選ばせてあげるつもりです!

そのように、準備に関してもほとんど不安が無くなりつつあるのですが、一つ疑問に思ったことが…。
それは、「クレヨン」と「クレパス」の違い!
「クレヨンではなくクレパスを用意してください」とのことなので、その違いは何なのか、疑問を感じました…。

**********************************
スポンサーリンク



**********************************

クレヨン、クレパスってどんなもの?

Wikipediaによると、クレヨンはこんなものです。

クレヨン(英: wax crayon)は、溶かした蝋と顔料を混ぜて棒状に冷やし固めた画材である。
出典元:クレヨン-Wikipedia

そしてクレパスは、その「クレヨン」と「パステル」の両方の性質を持つ、より描きやすい描画材料のこと。
クレヨンの主原料に液体の油を混ぜ合わせて作られています。
開発したのはサクラクレパス社。
類似品も多くありますが、「クレパスを…」と指定された場合、サクラクレパスのものが良いでしょう。

小さくて失くしやすいものなので、名入りならもっといいかも。
サクラクレパス 16色 【名入れあり】 ◇◇

ちなみに「パステル」とは、乾燥した顔料を粘着剤で固めたもの。
デザインやデッサンの際によく使われるものです。
子どもにはあまり馴染みがないですね。
私も使ったことが無いかもしれません。
 

クレヨンとクレパスの違い

クレヨンは硬いので、線を描くのには適していますが、紙の上で色を混ぜたり、重ね塗りには向いていません。
そのため、クレヨンは幼児のお絵かきに使われます。

その点、クレパスは柔らかいので、混色や重ね塗り、厚塗りなど、多様な使い方をすることができます。

小学校の図工では、様々な絵を描いたりしますから、クレパスの方が良いのでしょうね。

ちなみに我が子が行く小学校では、学校でクレパスを用意してくださるとのこと。
(もちろんお金は集金されますが・笑)
なので、探す必要はありませんが、おそらくサクラクレパスなんだろうな~。

**********************************
スポンサーリンク

**********************************

◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪



Twitter、feedlyでもフォローいただけたら嬉しいです♪

follow us in feedly

Instagramはじめました!
@freekao146

ブログ村に参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログへ

**********************************
スポンサーリンク

**********************************


あわせて読みたい