ADHDの子との関わり方を悩む…

こんにちは。
今日は(今日も?)ちょっと悩みを綴らせてもらいます。

まず最初に。
タイトルどおりのことで頭を悩ませていますが、我が子のことではありません。
我が子に関しては、場面緘黙症では?ということで悩んできましたが、そうではないという診断をもらったので…。
(今の段階では、ですけどね)

家では話すけど外では話さない「場面緘黙症」

今回の悩みは、職場で関わる子どもたち、そして我が子が通う園でのお友だちについて、です。

**********************************
スポンサーリンク



**********************************

私、教職の資格を持っているわけではないのですが、子どもたちを指導する仕事もしています。(発達障害については学習済です)
そして、ADHDの診断を受けているお子さん、またはそうだと思われるお子さんと多く関わっています。

「ADHD」とは、注意欠陥多動性障害のこと。
その名のとおり、集中力がなく、多動(落ち着きがない、じっとできない)、そして衝動的(思うままに行動する)という障害です。
7歳までに出現すると言われていますが、ひと昔前では「やんちゃ」で済まされていたことが多く、気づかずに成人しているケースも少なくありません。
生きづらいと感じて受診してみたら、実はADHDだったということも…。

もしも自分の子どもがそうであるならば、なるべく小さいうちに発見・支援をして、本人が生きづらくないようにしてあげたいですよね。
また、我が子だけではなく、近くにADHDの子がいた場合、関わる大人の1人として、適切にサポートしてあげたいと思うわけです。

その「サポート」も、どうすればいいのか手探りだったりもしますが…。
やっぱり、物を投げられたり、飛び出されたりという咄嗟の行動をされた場合、自分が適切な対応ができているかわからないので…。
そのあたりで、「これで良かったのかな…」と仕事の後で考えてしまうことも。
私にとってはほんの一時期だけしか関わらない子どもでも、その子の症状はずっと続くわけですから、なるべく淡々と無理強いせずにといいますか…最低限こちらが感情に左右されることだけは避けていますが。
それは発達障害のお子さんに対してだけではありませんけどね。

そしてそれ以上に厄介だと感じるのは、やっぱり「保護者」の考えだったりもしています。
幸い、仕事で接しているお子さんの保護者の方々は、お子さんのそういう特徴などをよく理解しておられて、その上で任せてくださっています。
なので問題はないのですが、我が子のお友だちでは、やっぱり認めていないお母さんもいらっしゃるんですよね…。
園の先生に指摘を受けていながらも。
そうなると、ただ「乱暴な子」「しつけがなっていない」と思われてしまい、親子ともども避けられがちになってしまうというか…。
もちろん完全にADHDとは限りませんし、わからないのでなんとも言えないのですが。

ただなんとなく、縁があって同じクラス、同じ園に入ったのですから、そのお子さんにとって良い人生になるようにサポートしてあげてほしいな…と思ってしまったりもして。
余計なお世話なのでしょうが^^;

ADHD注意欠陥・多動性障害の本 [ 司馬理英子 ]

そのADHD、文部科学省でも定義されています。
ADHD以外(LDとか)についても書かれているので、不安に感じる方は見ておくといいですね。
主な発達障害の定義について|文部科学省

**********************************
スポンサーリンク

**********************************

◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪



Twitter、feedlyでもフォローいただけたら嬉しいです♪

follow us in feedly

Instagramはじめました!
@freekao146

ブログ村に参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログへ

**********************************
スポンサーリンク

**********************************


あわせて読みたい