「小児用PASMO」を買いました!

ゴールデンウィークで混んでいることは覚悟していましたが、子どもたちに楽しい思い出を…ということで、昨日はあらかわ遊園に行ってきました!

我が家の長女、小学生になったということで、テーマパークの入場料も以前とは変わりますし、何よりも大きな変化が“交通費がかかるようになった”ということ!
小学生になる4月1日から子ども料金が必要になるという鉄道会社がほとんどです。
(全部そうなんじゃないかな?と思いますが、もしかしたら私鉄では例外があるかもしれないので…)

というわけで、我が子も交通費が必要になりました。
普通に切符を買ってあげてもいいのですが、いちいち買うのはめんどくさいし、失くされるのも怖い。

なので「小児用PASMO」を買いました!

**********************************
スポンサーリンク



**********************************

小児用PASMOは大人用と同じく、駅の窓口やバスの営業所で買うことができます。
生年月日がわかる公的証明書(保険証など)を持って行き、申込書に記入すると、その場で発行してもらえます。
デポジット500円が必要というのも、大人と変わりありません。

小児用PASMOのご購入|PASMO

見た目も大人用と変わりなく、右下に「小」の字が入るだけ。

改札を通る時も特に何もなかったのですが、それは東京メトロの場合。
京成線の改札では「ぴよぴよ」という可愛い音が鳴りました。
実は東京メトロでも鳴るのかな?
色んな駅で試してみたくなりました!

ちなみに、JRの「こども用Suica」もあるので、どっちを作るかちょっと迷いました。
どちらか1枚しか持つことができないので…。
でも、作り方や利用方法はどちらも差が無さそうなので、最寄り駅を考慮してPASMOを選びました。
Suicaの方がペンギンの絵が描いてあって可愛いですけどね~。

My Suica(記名式)|Suica

私自身はJALカードについているSuicaをなんとなく使っていますが…。
オートチャージが便利なので。

マイルがたまる「JALカード」

でも子ども用のSuicaとPASMOはもちろんクレジットカード機能が無いので、オートチャージはできません。
なので券売機などでチャージをする必要がありますが、小児用運賃なので、1000円のチャージでもかなり持ちそうです。

小学生になると少しずつお金のことも教えていかなきゃですし、まずはPASMOを持ったことで、その第一歩が踏み出せたかな~と思ってます!

**********************************
スポンサーリンク

**********************************

◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪
はてなブログでも日記更新中☆




follow us in feedly にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ