Jアラートが鳴った時、冷静に子どもを守れるのか



『Jアラート』は、私たちに緊急の情報を伝えてくれる『全国瞬時警報システム』の通称です。
総務省により2007年から開始されたシステムで、すぐに対処する必要がある大規模な災害の場合、国から国民に即時に伝達してくれるというものです。

全国瞬時警報システム(ぜんこくしゅんじけいほうシステム、通称:J-ALERT(Jアラート:ジェイアラート))は、通信衛星と市町村の同報系防災行政無線や有線放送電話を利用し、緊急情報を住民へ瞬時に伝達する日本のシステムである。2004年度から総務省消防庁が開発および整備を進めており、実証実験を経て2007年2月9日から一部の地方公共団体で運用が開始されている。

出典元:Wikipedia|Jアラート

Jアラートは、テレビなどの緊急速報だけではなく、スマートフォンや携帯電話でも受信できます。
(設定が必要な場合もあるので、現在の設定はどうなっているのか一度確認しておくと安心ですね)

今まで、地震や津波、大雨や土砂災害といった大規模な自然災害の時などに使われてきたシステムですが、昨日ついに(と言った方がよいでしょう…)北朝鮮による弾道ミサイル発射で鳴ることとなってしまいました。

今回の弾道ミサイルは、日本の上空を通過したとのことで、12道県にJアラートで情報が流されました。
でも、そのJアラートは発射から4分後。
そして、ミサイルの速度を考えると、Jアラートからミサイルが落ちるまでの間は10分も無いと言われています。

その時間で避難ができるのでしょうか?
ちゃんと子どもを守ることができるのでしょうか?

内閣官房の国民保護ポータルサイトには、弾道ミサイルによるJアラートについて書かれています。
それによると、Jアラートによる情報は数回に分けられるよう。

まず最初は、『ミサイル発射情報と避難の呼びかけ』。
屋外に入る場合は、頑丈な建物や地下に避難するように呼びかけられます。
でも…ミサイルを前にしたら何をもって「頑丈な建物」と言うのかわからないですよね。
鉄筋のビルやマンションだったら安全なのでしょうか?
地下に逃げるのが一番なのでしょうが、そう都合よく地下があるとも思えないので、やっぱりビルやマンションが良いとは思いますけど…。

そして次は、落下場所によって流される情報が変わります。
今回は『日本上空を通過する場合』ということで通過情報が流されましたが、私たちがやっぱり一番恐れているのは『日本に落下する可能性がある場合』ですよね。
その時は『ただちに避難する呼びかけ』『落下場所情報』、必要ならば『追加情報』が流されます。

でも、これらは上に書いたとおり、10分足らずの間に流されるもの。
結局は、最初のJアラートが鳴った段階でとる行動で安全が決まってしまうのではないでしょうか。

昨日のように早朝で、子どもたちと一緒の時間ならばまだいいですが、すでに登校・登園している場合はどうしたらいいのか…。
学校や学童、保育園などはどう対応してくれるのか…。
区や市によっては、弾道ミサイル発射のJアラートが鳴った場合にどうするのかきちんと周知されているようですが、私が住む区はまだです。

そういう時にどうするのか事前に周知してくれないと、子どもと離れている時にJアラートが鳴った場合、避難しなければいけないと思ってはいても、迎えに駆けつけてしまうかもしれません。
そういう保護者で混乱してしまうことになりそうですね…。

今回のことで何かしらの対応がとられると良いのですが…。

平和な世の中でありますように

freekaoさん(@freekao146)がシェアした投稿 –














follow us in feedly

ブログ村ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログへ



◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪