来年度も保育園に通えることを祈って!保育継続確認書を作成



2月になると、おそらく多くの自治体が保育園の入園許可または不承諾の書類を発送する頃でしょう。
私が住んでいる区も、大体バレンタインデーあたりに届いた記憶があります。

我が家の末っ子はもう認可保育園に入っていますし、役所から入園許可の書類が届くことはありません。
でも、「まだ保育園に預かってもらう必要があります」という書類を提出しなければいけません。
もし保育園の必要が無くなったならば(幼稚園に移るなど、で)、『退園届』を出す必要がありますが、私の周りのほとんどの方は継続の書類を出しているようです。
 
 
保育園に継続して通いたい場合、私が住んでいる区では保育の『継続確認書』、そして『就業証明書』を毎年提出します。
継続確認書には住所や電話番号、父母・児童・同居者の氏名や生年月日などを記入します。
前年のコピーを元に書いたのですが、微妙に記入欄が増えていたり、変わっていましたね~。
別居の祖父母の情報を書く欄もありました。
もしも近くで祖父母が面倒を見れるならば、そちらを優先しろ…ということなのでしょう。
我が家の場合は遠方、しかも高齢なので、これは問題ないかと。
 
 
そして『就業証明書』。
外勤の場合、就業している会社の人事や経営者に記入してもらうので、これも問題ないかと思います。

ただ、私の場合は個人事業主としてネットショップ運営やWeb制作をしているので、自営・内職用の証明書を書かなければいけません。
これが案外ドキドキします…。
自分の仕事をちゃんと認められるかどうか!?という(笑)。
それで保育園の入園ができたので、おそらく大丈夫だとは思うんですけどね…。
それでも毎年ドキドキします。

しかもこれもまた前年とは違う書類が必要になっていました。
今までは事業主が記入するだけで良かったのに、『会社を運営している実態を証明する書類』が必要とのこと。
たとえば開業届などのようですが、ホームページやパンフレットでも良いそうなので、私は運営しているネットショップの会社概要を印刷して添付しました。
正直、提出する側はちょっと面倒でもありますが、不正に在園することを防ぐためには必要な書類ですよね。
今まで求められなかったことが不思議だったりもして…。
 
 
まぁ何はともあれ、書類が揃って一安心です。
このまま在園し続けられると思ってはいますが、もう年中になる年齢ですからね。
万一退園させられても、幼稚園という逃げ場もあります。
長女の時は幼稚園の方が倍率が高く、保育園には余裕があったので(定員割れだったという…^^;)、一概には言えませんが。

でももう、祈るしかないですね。
あと2年はこのまま通い続けさせてあげたいものです!
 
 
 
ちなみに…学童クラブも保育園と同様に毎年、継続希望の書類を出さなければいけません。
しかも学童クラブは保育園と違い、毎年審査にかけられ、『許可』『不承諾』の書類がくるようです。
私が住んでいる区は…ですが。

保育園は退園届を出さない限り安泰と言いますか、「退園させられた」という話は聞かなかったのですが、学童クラブは案外「出されてしまった」という話を聞きます^^;
小学生になれば1人で留守番できたり、習い事も増えますからね…自主的に辞めていく子も多いようですが。
その点、保育園よりも厳しいのかも。
1年生は入所ポイントが高かったけど、2年生には激減、3年生にいたってはポイントゼロだし(笑)。

というわけで、私的には学童クラブに通い続けられるかどうか、結構ドキドキだったりもします。
早く通知が来ないかな…と、早くも待ちわびています。














follow us in feedly

ブログ村ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログへ



◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。