新しい鉛筆削り器、買いました…!



先日壊れてしまった鉛筆削り器。
修理にも失敗し、小さい鉛筆削り器でしのいでいました。

鉛筆削り器が壊れたので分解したら失敗した…

でもやっぱり、鉛筆は毎日使うもの。
芯の減り具合は半端ないです。

また、毎日「鉛筆削ったの?」と子どもに聞き、削らせるのも一苦労…。
どうも小さい鉛筆削りだと、削るのが嫌みたいです。
(大人でも嫌ですよね…)

そこでやっぱり、卓上の鉛筆削り器は必要だと思い至り、購入しました!
今回買ったのはこれ。
またしても1,000円前後のものを選んでしまいました^^;


 

買ったのは、ソニックというメーカーの『かるハーフ』という鉛筆削り器。
ハンドルが軽いので、非力な女の子でも楽に削ることができるとのこと。
期待してさっそく削ってみたら、確かに軽い!
昔ながらの鉛筆削り器って、鉛筆が削れてくると空回りするので削れたことがわかるのですが、これは軽すぎて空回りと区別がつかないほどです。
(でも、削れたのはちゃんとわかります!笑)
 
そして、この鉛筆削り器の一番いいと思ったところは、レバーで引き出さなくていいところ。
ただ鉛筆を差し込んで回すだけなので、子どもが指を挟んでしまう心配がありません。
毎日使う物なので、安全性が高いのが一番ですよね。
 
また、ダストボックスにロックをかけられるのも嬉しい。
ロックを解除しないと開かないので、落とした時に削りカスが飛び散ってしまうということもありません。
 
 
安い値段の割に機能性が高い『かるハーフ』。
まだ使い始めたばかりですが、次に買う時もこれにしようかと、早くも思っています(笑)。














follow us in feedly

ブログ村ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログへ



◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。