『鉛筆ホルダー』を買ってみた



鉛筆削り器に続き、『鉛筆ホルダー』を買ってみました。

鉛筆ホルダーとは、短くなった鉛筆にはめて使うホルダーのこと。
名前のとおりです。

私的には小さくなった鉛筆にはキャップをはめて使うという認識だったのですが…。

キャラクターものもたくさん売っているし。

でも、娘の話によるとキャップではなくホルダーを持ってきているお友だちが多いそう。
鉛筆ホルダーってなんだ?という感じでしたが、最近はそれが主流になっているのでしょうか、色々な商品が売られていました(私が知らなかっただけ?)。
ロングタイプのホルダーで、鉛筆の長さが調節でき、確かに便利そう。
『補助軸』と呼んでいるメーカーもあるようです。

うちの娘は、最近ハマりぎみな『すみっコぐらし』の鉛筆ホルダーを…。

 
 
でも、どうやら100円ショップでも売っているそう。
失敗した~!と一瞬思いましたが、子どもの勉強のモチベーションを上げるには、やっぱり可愛いものの方が良さそうなので、必要経費だと思うことにします(笑)。
鉛筆ホルダーを使うことで、鉛筆も最後まで大事に使えて節約になりそうだし!

個人的には、鉛筆が太くなってしまうから使いづらくないのかな?と思ったりもしますが。
子どもの鉛筆は太めから始めるので(三角鉛筆とか)大丈夫なのかな。

まずは、これで様子を見てみることにします^^














follow us in feedly

ブログ村ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログへ



◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪