学童に続き、保育園の継続利用届も提出完了!



保育園児がいるご家庭ではおなじみですが(どこの自治体も同じですよね?)、保育園を利用するためには毎年書類を出さなければいけません。
まずは、次年度も保育園を利用しますという継続の申請書。
あとは在職証明書です。
自治体によって書類の呼び名は違うと思いますが、この2つの書類が必要というのはほとんど同じでしょう。

なんだかそれらを揃えて提出するまでは落ち着かない感じ…。
でもようやく提出し、あとは結果を待つばかりです!!

保育園は「退園しろ」と言われない限り大丈夫なんですけどね~。
学童は毎年、利用の承認または保留の通知が来るので、届くまでヤキモキしてしまいます。

在職していればまず平気なのですが、私のようなフリーランスだと特にドキドキ…。

自営の場合は自分でしっかり証明する必要が…

在職証明書は、外勤の場合は雇用先に書いてもらえばOKですが、自営業・個人事業主の場合は自分で書かなければいけません。
私は個人事業主として働いているので、証明書を自分で書く必要があります。
これがなんとも神経を使う…^^;

今は働き方も自由になってきているので、フリーだからといって就業と認めてもらえないというケースは減ってきているとは思います。
実際、私もフリーでありながらも長女・次女ともに認可保育園に入園できました。

ただ、きちんと証明する必要があります。
ネットショップなどをやっている方は、その会社概要を印刷して添える。
開業したばかりの方は、開業届のコピーを添える。
など、以前はそんなに厳しくなかったのですが、最近ではちゃんと就業しているという証明を求められるようになりました。
それだけ不正で入園する人が増えているのかも…。
これも自治体によるのでしょうが。

でも何にしても、しっかり証明しておくに越したことはありません。
なかなか面倒な作業ではありますが、1年に1度なので頑張りましょう…!

学童の書類はもう少し気楽かも…

そして、学童クラブも継続して利用する場合は書類を出す必要があります。
うちの自治体の場合、毎年12月に書類を出して、翌年2月に在籍できるか否かの通知が送られてきます。

これがまた、ドキドキなんですよね…^^;
長女は2年生の今も在籍できていますが、3年生になるとちょっと厳しいかも…。
大丈夫だろう!と思っていつつも、やっぱりちょっと心配です。
今は学童クラブも待機児童が増えているそうですしねー。


これは昨年の喜びの記事…
今年も同じように書きたい!!笑
無事、来年度も学童クラブの利用承認をもらえました!


でも、私が思うに、学童クラブは保育園ほど厳しくない印象があります。
これは実際に両方通わせて感じたことでもあります。

書類も保育園同様、継続の利用申請書と在職証明書を出すのですが、なんだかそれを作るのも出すのも学童の方が気楽…。

子どもたちも小学生ということで自立しているからなのか、全体的に学童の方が優しく受け入れてくれる感じなんですよね~。
(それでも問題ありの子もいるでしょうし、また園児とは違った面で職員さんは大変そうですが^^;)


また、もしも学童に入れなかったとしても、小学生はいくらでも過ごし方がある気がします。
自分で支度して、家の鍵をかけて外出できるようになったら習い事も行けるわけだし。
(うちの子はまだ無理ですが…)

お金を出せるならば民間の学童もあります。
習い事も充実しているので、習い事をいくつかやらせることを考えたら案外お得かも!?

学校まで迎えに行ってくれたり、家まで送り届けてくれる学童もあります。
民間ですが。

これも子どもが小さいうちだけのこと!と思って乗り切る

そのように色々と落ち着かない時期ではありますが、これも子どもが小さい頃のうちしか味わえない悩み。

我が家の場合、次女の保育園は来年度で終わり。
再来年はいよいよ小学生になります。

そして長女の学童も、来年度で終わり。
(来年度も利用できたら…ですが)
再来年は小学4年生になるので、もう学童には通えません。
その頃には1人で留守番できるようになるのか、私が働き方を変えて家で帰りを待つか…。
それは今はまだわかりません。

なので、再来年が新たな悩みが訪れる時期…って感じですね^^;
こうやって今、在職証明書を揃えたりしていることなんて、たいした手間ではないのかもしれません。
逆もしかり。


色々と心配はありますが、これも子どもが小さい今だけのことと思って乗り切らないと!ですね。














follow us in feedly

ブログ村ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログへ



◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。