いよいよ3年生への進級目前!『小3の壁』もありそうな気配…



かなり久しぶりの更新となってしまいました。
やはり『親の死』、しかも母親の死というのは想像以上に堪えました。
離れて暮らしていたので、日常生活には変わりはないのですが、やっぱりちょっとした時に電話できなくなってしまった、会うことができなくなってしまったという現実を受け止めるには、もう少し時間が必要そうです。

さて、そんな最近ですが、子どもたちは待ったなしです(笑)。
それでも多少は子どもたちなりに気を遣っているようなので、可哀想に感じる時もありますが…。
幸い、この春休み中に四十九日法要を終えられるので、春休み明けからは子どもたちのことを第一に考えていこうと思っています。

ちょうど進級ですしね!

我が家の子どもたちは、この4月から上が3年生、下が年長になるので、卒園や入学といった大きな変化はありません。
でもやっぱり進級ともなると、ちょっと身構えてしまいます…親が^^;
下が年長になるのはすでに上で経験済みなので(しかも同じ保育園)、ある程度の勝手はわかっているのですが、上の子の進級はもちろん初めて。
しかも小学3年生!!

3年生…学童にはまだ通える学年ですが(我が家の地域は学童は3年生まで)、教科が一気に増えるということで苦労するという話をよく聞きます…。
通知表も低学年のように甘くつけてはくれないでしょうしね…^^;(笑)

学習面はともかく、生活面でも頑張ってもらわないといけない1年になりそうです。
上にも書いたとおり、4年生からは学童に通えないので、3年生の1年間でさらに自立させないと…。

その頃には私の働き方も変わるかもしれませんが。


こうやって色々と考えると、『小1の壁』『小4の壁』だけではなく、『小3の壁』もありそうだな…と感じます^^;
というか、育児は壁だらけ…(笑)。

4月からの1年間、母がいないことは寂しいですが、心機一転がんばれるように、母なりの気遣いでこの時期だったのかな…と思ったりもしています。
その気持ちにこたえるためにも、しっかりと子どもたちを見ていくことが私の一番の仕事だと思っています。














follow us in feedly

ブログ村ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログへ



◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪