子どもが不安定になりがちな時期だけど、年長に向けての目標を考える



いよいよ3月も最終週。
幼稚園の子どもたちはすでに修了式を終えていると思いますが、我が家の次女は保育園児なので、まだ登園しています。
それも今週いっぱいですけどね…。
あともう1年通うと言えども、4月からは担任の先生も変わるでしょうし、クラスの部屋も変わるので、新しいことに弱い次女は今から不安がいっぱいの様子。
今までほとんど無かったのに、毎朝保育園に着くと同時に泣き出すので困っています^^;
まぁでもそれも成長の一環ですし、その気持ちをちゃんと受け止めてあげなきゃと思っています。

3~5月ぐらいまでは子どもたちは不安定になるもの。
入学した時から学校や学校が楽しくてたまらなかった長女でも、4月中はよく疲れて機嫌悪くなっていたし、爆発して泣くこともありましたしね…。
大人でも環境の変化は疲れるし、新しい環境への不安はあるし…
それが子どもとなればなおさらですね。
経験が少ない分、自信もないでしょうし。
次女は特に、自信がつくまで行動できないタイプなので、ゆっくりと時間をかけて様子を見ていかなきゃ…と覚悟しています。

長女は割と平気だった『小1プロブレム』も(クラスは結構ひどかったんだけど…笑)、次女は影響を受けるだろうなぁ…^^;
生活リズムが付いてきたけど「小1プロブレム」はこれから…


さて、そんな感じで精神的なフォローがかなり必要になりそうな次女ですが、やっぱり年長に向けてそれなりの準備は怠れません。
とりあえず子どもを就学させるのは二度目だし、同じ学校なのである程度勝手がわかっているということで、私の気持ち的にはかなり余裕はあります。
でも、上にも書いたとおり姉妹の性格がかなり違うので、今回はよりスムーズに学校生活を送れるように、生活面・学習面での基盤を作ってあげることが必要だと思っています。

そのためにまずは、長女も現在やっている進研ゼミの『チャレンジタッチ』を早めに申し込む予定。
すでに長女の教材で遊んだりしていますが、やっぱり学齢に合った専用のものをやらせようかと。
公文は通っていますが、やっぱり教科書の内容に準じている進研ゼミの教材の方が授業には役立つと長女で実証済みなので。
(公文に通うことで椅子に長時間座るトレーニングになっていますし、計算力は公文の方が断然つきますが!)

想像以上にすごかった「チャレンジタッチ」!!


次は、やっぱり生活リズムを整えるということ。
保育園よりも約1時間早く家を出ないといけないので、1時間早めていくことを目標に…。
お姉ちゃんと一緒に起きてくれればいいだけなんですけどね…。
私もつい甘やかしてしまいがちなので(その方が楽だったりもして…)、これからは私自身も心を入れ替えないと!!


あとは、家でもお絵かきや工作などの時間を増やそうかな~と思ってます。
保育園でもたくさんやってくれますが、手先は動かせば動かすほどにいい。
脳にも良いと言われていますが、それ以上に『書く力』をつけるためにたくさん手指を動かしてほしいな~と。

学校に入ったら、多い時は何時間も鉛筆を持つことになります。
手の筋肉が発達していなかったり、運筆のトレーニングが不十分な子は結構苦労しているよう…。
仕事柄、多くの子どもたちと接しているのですが、小学校高学年になっても筆圧が弱かったり、書くこと自体が苦痛になってしまっている子が多く見られます。

うちの長女も全体的に非力なので(手だけではなく)、書くことは本当に苦手でしたね…。
2年生になってからは力がつき、字も綺麗になりましたが、1年生の時は本当にひどかった(笑)。
字が汚いというだけならまだしも、本人が書くことを苦痛に感じてしまっていたので、もっと幼児の頃から練習させてあげればよかった…と私も反省しました。
公文では運筆トレーニングをかなりやってもらってたんですけどね。
でも、線を引くというプリントだけではなく、自由に楽しく絵を描かせることも大切だと実感しました。
勉強だけではなく、遊びの要素もないと。

なので、次女にはそういう創作の時間を家でも作ってあげたいと思っています。


その他は…通うであろう学校や学童に足を運ぶことも大切だと思うのですが、すでに次女は2年前から行っているので、まぁ大丈夫かな~と。
それでも「自分は学童には行かない」などと言っているので、説得するのが大変そうですが(笑)。

そのあたりのことも含めて、少しずつ準備していきたいと思います。
詰め込みすぎてストレスを感じさせない程度に…!














follow us in feedly

ブログ村ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログへ



◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。