これはイナビルの影響による異常行動なのか?



まだ11月半ばだというのに、長女がインフルエンザに罹ってしまいました…。
でも、ニュースでは「すでにインフルエンザが流行期に突入」と言っているので、「まだ11月」というのは認識違いなのかもしれません。
というか、9月や10月でもインフルエンザによる学級閉鎖が起きている地域もあるし、もはや季節はあまり関係ないのかもしれないですね…。
恐ろしい!


そんなわけで、私も仕事を調整して、長女と家でゆっくり過ごしています。
幸いにも熱以外の症状がないので、看病することもほとんどなく、本人もひたすら眠り、快方に向かっています。
頭を冷やすのも、解熱剤を飲むのも嫌がるので使用しなかったのですが(そもそもインフルエンザの時は解熱させてしまうのは良くないと言いますしね)、3日目の今日はだいぶ落ち着いてきました。


でも…昨日はかなりおかしな言動があったので、かなり心配になってしまいました^^;
一時期、タミフル服用後に子どもが異常行動をとるということで話題になりましたが、今回長女が処方されたのは『イナビル』。
一度だけ吸入するタイプのインフルエンザ処方薬です。

体内で変換活性化されるプロドラッグで、1回の使用で治療効果が長時間持続します。類似薬のリレンザが1日2回5日間吸入しなければならないのに対し、イナビル(この薬)は吸入1回分で終了。利便性に優れ、治療が楽です。

http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se62/se6250703.html


一昨年インフルエンザに罹った時にも処方されたので、使い方(吸入法)の練習も必要なかったし、私もそれほど心配していませんでした。

でも、上にも書いたとおり、昨日はおかしな言動が多発…。
寝たり起きたりだったので寝ぼけているフシもあったのですが、それにしても虚ろすぎると言いますか…。
たとえば、私が「トイレに行く?」と聞いても、トイレが何なのか理解できていないような感じで。

聞いたことに対する答えも、全然違う言葉だったり、意味不明の言葉だったり…。


幸い、外に出ようとしたり、動き回ろうとするなど、身体的な異常行動は無かったのですが…。

でもやっぱり怖くなってしまいました。
このまま戻らないんじゃないか?
高熱で脳に影響が出てしまったんじゃないか?とか…。

一夜明けたら普通で、今日はおかしい言動が無かったので安心しましたが。
(でもまだちょっと怖い)


これはイナビルの副作用なのか?と思って調べてみたのですが、どうやら薬の影響というよりも、インフルエンザ自体が異常行動を引き起こすようですね。
タミフルに関しても、薬が…というよりは、インフルエンザが原因という話が主流のようです。

幻覚、異常行動、意識障害などの精神・神経症状は、抗インフルエンザ薬使用の有無に関係なく報告されています。幻覚や異常行動が5分以内に改善する場合は一時的な熱せん妄と考えて経過観察でも良いです。

http://ohisama.cute.coocan.jp/infulu_chui.html


せん妄って怖いけど、自分も帝王切開後に腸閉塞を起こした時、かなりおかしなことを口走った記憶があるし^^;
自分の記憶がすっぽり抜けている日があったりもするし^^;

人間の体は不思議…と言いますか、病は本当に怖いですね。


少し話はそれましたが、インフルエンザにはそのような異常行動があるということで、今後も注意していきたいと思います。
ちょっとなら1人で留守番できる年齢だし、次女の面倒を見るためにどうしても1人にしなきゃいけない時間があったりもするので(長くても10分弱ではありますが…)油断してしまいがちですが、もっと気をつけてあげなきゃいけなかったと反省しています。

まずは完全に元気になるのを祈りながら、ゆっくり休ませてあげたいと思います。














follow us in feedly

ブログ村ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログへ



◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。