家庭学習は厳しい状況だけど、一刻も早く休校の延長を決めてほしい



休校も約1ヶ月となり、子どもたちもかなり辛くなってきていると思います。
3月はまだ学童も保育園も行けたので、精神的なストレスはそれほどでもなかったのですが。

また、我が家の次女はこの4月に小学校に入学したばかりなので、学校の楽しさに気づく間もなく休校になってしまいました。
登校したのは入学式、しかも短時間だけでしたしね…。
お姉ちゃんの学校公開や行事では学校によく行っていたので、雰囲気はわかっていますが、それでもやっぱり自分が実際に登校するのとでは楽しさが違うでしょう。

できたら、学校とはどういうものか、もう少し肌で感じさせてあげたかった…というか、その方が休校中の過ごし方も違ってたんじゃないかな~と思います。

ただ、楽しさに気づく前で良かった…という気持ちもあります。
たった3日ぐらいしか行けなかった学童も、すでに楽しすぎたようで、行きたくてたまらないようですしね…。

それを我慢させるのはやっぱり可哀想だと思ってしまいます。
いくら命が一番大事といえども…。

でも、本人的にはとりあえず今は、学童を我慢するだけで済んでいるという感じです。
これが学校も…となると、さらに可哀想だったなぁ、と。

長女(小4)ぐらいになると、学校の嫌なところもわかってきているから、休めて嬉しいみたいですけどね^^;


ただ、子どもたちが嬉しかろうと残念だろうと、やっぱり親としては休校を延長してほしいです。
今さら言っても仕方ないですが、入学式もやっぱり延期になって、そこからスタートしてくれていれば良かったなぁ…と。

まぁ、入学式があったおかげで、休校中の学習(eラーニング)について担任の先生とお話できたり、学校再開後のイメージもできるんですけどね…。

どちらにしてももう、5月の再開は無理なんじゃないかな~と覚悟しているので、早く決めてほしいと願うばかりです。



ちなみに、我が子の学校(というか区立校)は「eライブラリ」というサイトで学習をしています。
オンライン授業ではなくドリル学習になるので、結局は本人のやる気しだいになってしまいますが^^;
しかも、今の学年の学習をしようと思うと、教科書を見ながらじゃないと難しいので(1年生の次女はなんとかなりますが…)、親に余裕がないと結構キツイです。
その点では、チャレンジタッチの方が解説があるし、学習しやすいです。

なので、学校から与えられているその「eライブラリ」、我が子はほとんどやっていません…(苦笑)。
先生からの連絡事項が読めるので、先生から連絡がきた時は、ちょっとだけ張り切るんですけどね~。


まぁ、とりあえずは健康第一、命を守ることが優先ということで、しばらくは大目に見て、心穏やかに過ごさせたいと思います。















follow us in feedly

ブログ村ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログへ



◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。