小1といえども授業の進みが早い!と、つくづく思う…



2週間の分散登校を終え、今週から一斉登校(4時間授業)となった我が子たちが通う小学校。
4年生の長女はともかく、1年生の次女がどのように過ごしているか、やはりまだ気になる時期です。
(本人は割と満喫しているようですが)


長女が小学校に入学した時も思いましたが、思っていたよりも授業の進みが早いんですよね…1年生^^;
保育園の保護者会に来てくださった学校の先生が「読み書きは学校でちゃんと教えるので、あまりやらせなくて大丈夫です」と言っていたけど、そんなのとんでもない!
みんな書けて当然だし(書けない子は本当に少ない…)、学校も「書けること前提」で授業を進めてくるフシがあります。
特に今年はコロナでの休校期間が長かったので、休校中の課題で字を書けるようにするのが必須な感じでした。
我が子の小学校は。


でも、学習は当然、字の読み書きだけではなく…。
国語も字だけではないし、算数はそれ以上に進みがとても早いな~と思います。
数字の練習をしたかと思えば、すぐにピラミッド計算、さくらんぼ計算と進んでいきます。
文章問題も増えるし。

我が子たちはずっと公文をやってきているので、計算はできますが、文章問題には慣れていないので、やはり戸惑ってしまいます。
文章問題を理解できる国語力が付いているかも微妙ですしね^^;

そのあたりも授業で先生が教えてくれますが、今年は例年以上に学習を詰め込まれている感があるので、やっぱり多少心配だったりします。

子どもたちには特に優秀な成績を求めてはいませんが、やっぱり授業についていけないと学校がつまらなくなってしまうので、それなりに頑張ってほしいと思っています。
まずは、疲れすぎないといいなぁ…という感じですが^^;
土曜日授業も増えましたし、夏休みも短くなりましたしね…。

まぁそれに関しては、1年生は最初なので「こんなものか」という感じでしょうが。
4年生の長女の方が、その点ではゲンナリしてるかも^^;


来週からは時間割も通常のスケジュールになるし(1年生はついに5時間授業…)、おそらく月末あたりが疲れのピークでしょうか。
学童のスケジュールを調整しつつ、様子を見ていきたいと思います。


でも本当、長女も次女も、チャレンジタッチが無かったら結構きつかったな…と実感。
教科書に沿った内容だから、本当に助かります。
これからさらに学習が厳しくなるでしょうし、毎日の予習復習に活躍してくれることを期待しています。














follow us in feedly

ブログ村ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログへ



◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。