自分だけのカップヌードルが作れる!カップヌードルミュージアムが想像以上に楽しかった!

気になっていたけど行く機会が無かった場所の一つに『カップヌードルミュージアム』がありました。
横浜に行くたび、通りはしていたのですが、なんとなく入る機会が無かったんですよね~。
混んでいるイメージもあったし、子どもたちが楽しめるのかな?という心配も少しあり、で。

でも先日、平日に横浜に行ける機会があったので入ってみました。

そして、想像以上に楽しくてびっくり!
子どもたちも大喜びでした!!
コスモワールドで遊んだ帰りだったのですが、コスモワールド以上にカップヌードルミュージアムが気に入ってしまったようです^^
 
 

《下に続きます》

**********************************
スポンサーリンク



**********************************

 

カップヌードルミュージアムとはこんなところ

カップヌードルミュージアムは、日清食品の創業者である安藤百福さんの『創造的思考(クリエイティブシンキング)』をコンセプトとした体験型ミュージアム。
世界発のカップラーメンである『チキンラーメン』や、世界初のカップ麺である『カップヌードル』を通して、発明の楽しさや食の楽しさを体感できます。
 
ミュージアムについて|カップヌードルミュージアム横浜
 
 
場所はみなとみらい線の「みなとみらい駅」または「馬車道駅」から、それぞれ徒歩8分ぐらいです。
通りを挟むと横浜ワールドポーターズ、隣には万葉倶楽部などがあり、みなとみらいの中でも楽しいエリアに位置しています。
(コスモワールドも近い!)
 
 
エントランスには大きなカップヌードルと、ひよこちゃんが!
子どもたちのテンションも上がりまくりです。

 
 
カップヌードルミュージアムの営業時間は10~18時(入館は17時まで)で、入場料は大人500円(高校生以下は無料)です。
高校生以下が無料というのは嬉しいですよね~。
大体どこも取られるのに…。
これだけでかなり好感が持てます!(笑)

そして、入場料が割引になることも。
我が家はJ:COMに加入しているので、割引で300円になりました~。


 
アトラクションには利用料がかかりますが、どれも数百円なので、やっぱり良心的なミュージアムだと思います^^

開館時間・料金|カップヌードルミュージアム横浜
 
 

目玉はやっぱり『マイカップヌードルファクトリー』!

カップヌードルミュージアムには、オリジナルのラーメンが作れる『チキンラーメンファクトリー』『マイカップヌードルファクトリー』と、自分が麺になって遊べるアスレチック『カップヌードルパーク』があります。

その中でも一番人気はやっぱり『マイカップヌードルファクトリー』!
自分だけのカップヌードルを作ることができると、オープン当時は多くのメディアで話題になりました。

なので、今回の我が家の目的もここでした!
(というか、他にどんなアトラクションがあるか知らなかった…)
平日なので空いていた方なのでしょうが、それでも結構人がいましたね~。
カップヌードルのパッケージにイラストや字を描けるのですが、そのテーブルも相席でした。
 
 
マイカップヌードルファクトリーを利用する時は、まず入館チケット売り場で整理券をもらいます。
整理券には指定された時間が書いてあるので、その時間内に整理券を持って、マイカップヌードルファクトリーに。

するとまず、自動販売機があります。
そこで作る分のカップヌードルのパッケージを買います(1個300円)。

そしてスタッフの方から簡単な説明を受けたら(賞味期限や、パッケージにマジックで描く際の注意事項など)、いよいよ作成エリアに!

まずは、パッケージを自由にデザインできるテーブルに案内されます。
6色ぐらいのマジックが置いてあり、自由に描くことができます。
子どもたち、楽しそうに描いていましたね~^^
お花の絵を描いてみたり、カップヌードルのロゴを塗りつぶしてみたり。
これは子どもだけではなく、大人も相当楽しめると思います。
周りのテーブルを見ても、みんなわいわいと盛り上がっていました^^
 
 
パッケージのデザインが終わったら、カップヌードルの味と具を決めます。
そして、作ってくれるカウンターで注文をします。

味は普通のカップヌードル、カレー、シーフード、チリトマトの中から選べます。
我が家の子どもたちは1個ずつ作りましたが、2人とも普通のカップヌードルを選択。
やっぱりオリジナルが一番美味しいってことで!
(というか他の味は食べさせたことが無いかも…)
 
 
そして具は12種類の中から4つ選べます。
カップヌードルならでは!のエビやタマゴをはじめ、ガーリックチップやキムチ、コロ・チャー、チキンラーメンのキャラクターであるひよこちゃんのナルトなどがあり、どれにするか迷ってしまいました。
子どもたちに人気だったのは、やっぱりひよこちゃんナルトでしたが^^
 
マイカップヌードルファクトリー
 
 
カウンターでは、スタッフの方が説明しながら作ってくれます。
麺をセットしたり、フタを付けてくれたり、市販の物と同じようにビニールでパッケージングしてくれたり…と、見ていて楽しかったです。
 
 
 
そして完成したカップヌードルはエアパッケージに入れて持ち帰り!!
自分で作業するのですが、ポンプで空気を入れる作業も子どもたちには楽しかったみたいです^^
この持ち帰り方法だと、最後まで楽しい感じなので嬉しいですね~。

わかりづらいけど、エアパッケージの中にカップヌードルが入っています☆
 
 
そしてフタにも、ちょっと嬉しいことが。

品名が『世界で1つだけのオリジナルカップヌードル』!!
こう書かれていると、なんだか嬉しいです。
開けて食べる時も、子どもたちと大盛り上がりでした^^
 
 

でもその他のアトラクションも楽しそう

そのようにマイカップヌードルファクトリーだけで盛り上がった我が家ですが、今回入れなかった他のアトラクションも楽しそうでした。
 
 
『チキンラーメンファクトリー』では、小麦粉をこねたり、味付けしたりと、本格的に手作りを楽しめるよう。
カップヌードルファクトリーは1個300円でしたが、チキンラーメンの方は中学生以上500円・小学生300円という料金体系になっています。

各回48人・90分間と、定員も時間も決められています。
指定時間ならば自由に入れるカップヌードルファクトリーと違って、本格的な体験プログラムという感じのようです。
修学旅行で来ている団体さんもいましたし、教育的にも良さそう!

このチキンラーメンファクトリーは、未就学児は体験できないので数年後を楽しみにしたいと思います^^
 
 
巨大な工場で遊べる『カップヌードルパーク』も楽しそう!
自分自身が麺となり、製麺から出荷されるまでを、アスレチックで遊びながら体験できるとのこと(笑)。
『味付けプール』がボールプールだったり、出荷の時はローラーすべり台ですべり下りたりと、かなりユニーク!!

30分間300円、3歳以上・小学生以下という年齢制限があります。
今の次女にはちょっと無理っぽいですが(場所見知りがまだあるので…)、次に行った時は入れそうかな?と思っています^^
絶対に楽しいはず!!
 
 
でも私が一番入ってみたいのは『NOODLES BAZAARワールド麺ロード』!
8つの国の麺を味わえるフードコートです。
ミニチキンラーメンの屋台や、カップヌードルソフトクリームなんてものも!!

正確には、フードコートなので中に入れたのですが、昼は外で食べてしまったし、もうすぐ夕食という時間だったので何も食べれなく…。
次はここで食事しよう!!と思いました。
冷麺もフォーもトムヤムクンヌードルも食べたい!!!
 
 
 
このように、入場料の割に楽しめ過ぎたカップヌードルミュージアムでした。
楽しい物も色々売っていたので、売店を見るだけでも楽しいですよ~。
近くまで行ったら、ぜひ覗いてみてほしいと思います!

我が家は横浜ワールドポーターズが大好きなのですが(ハワイアンタウンもあるし、会員サービスも充実してるし!)、今後はカップヌードルミュージアムに寄るというコースが定番になりそうです。

 
 
「シルバニア森のキッチン」もワールドポーターズ店が好きです☆
初めての「シルバニア森のキッチン」に大喜び!料理も美味しくてびっくりでした!

メイン以外はビュッフェなので、これからカップヌードルミュージアムに行く…という方にはおすすめできませんが(笑)。

**********************************
スポンサーリンク

**********************************

◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪



Twitter、feedlyでもフォローいただけたら嬉しいです♪

follow us in feedly

Instagramはじめました!
@freekao146

ブログ村に参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログへ

**********************************
スポンサーリンク

**********************************


あわせて読みたい