憧れの大磯ロングビーチは、やっぱり最高だった!!



今年の夏は天候が不安定ということもあり、昨年に比べるとプールに行く回数が激減…。
子どもたちは学校や保育園で入っていますが、それでも一緒に行かれないのは寂しいです。
親と一緒にプールに行ってくれるのなんて、本当に小さいうちだけでしょうからね…。
なので、あと残りわずかの夏ではありますが、行けそうな時はプールに行きたいと思っています!

そしてこの土日は、大磯ロングビーチに行ってきました!

大磯ロングビーチ…子どもの頃に観ていた芸能人水泳大会の開催場所としておなじみだったところ。
でも一度も行ったことがなく、私にとっては憧れの場所でした。
なんだかとっても遠いというイメージがあったし、そもそも私の親は家族レジャーに連れて行ってくれるタイプではなかったし。

結婚して子どもが生まれてからも、大磯ロングビーチと併設している大磯プリンスホテルのプランはじゃらんなどでチェックしていたんですけど、結構お高いんですよね…。
プリンスホテルですし、普段泊まっているビジネスとは訳が違います。

なので半ば諦めていたのですが、直前予約・レイトチェックインという条件付きの破格プランを発見!
家族もすんなりと賛成(しかも資金提供!)してくれたので、その場で予約してしまいました!
本当にじゃらんの検索は使いやすいです。

子連れ旅行のホテル予約は『じゃらん』が一番わかりやすい!

じゃらんポイントも結構貯まっていたので、それを利用。
ポイント、大きいですね~やっぱり!

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

さて、その大磯旅行。
夢に見ていたとおり、いや、それ以上に最高でした!!
大磯プリンスホテルはリニューアルしたばかりで、素敵なスパ施設ができていたし、お部屋も綺麗!!

でもやっぱり、私と子どもたちの最大の目的は大磯ロングビーチのプール。
今回は、そのプールについて記録しておこうと思います。
ただ、プールという場所の性質上、プールの画像はほとんどありませんのでご了承くださいね~!
(撮影はOKのようで、みんな撮りまくってましたけどね☆)

大磯ロングビーチに行くならば宿泊者特典がお得!

大磯ロングビーチは、大磯にあるとても大きなレジャープール!
全長はなんと約1キロ。
そして目の前には相模湾が…!
海を見ながら、プールで遊びまくれるという、なんとも贅沢なプールなんです。

大磯プリンスホテルに併設されている…といいますか、大磯ロングビーチもプリンス系。
なので、大磯プリンスホテルに宿泊すると、かなりの宿泊者特典があります。
私たちも今回宿泊者特典を利用しましたが、宿泊者用のロッカーや更衣室があるので、とても便利でした。
バスタオルも人数分貸してもらえますし、宿泊者専用の有料席エリアもあります。
宿泊者専用の子どもプールもあったので、そこでゆったりと子どもたちを泳がせてあげることも。

でも何よりも嬉しいのは、宿泊者の入場割引!
大磯ロングビーチは、もちろん一般客として入場することもできますが、一日券は大人3,800円、中・高校生2,600円、小学生・65歳以上2,100円、幼児(3歳以上)1,100円なので、家族で行くとなると結構な出費になってしまいます。
(プールの設備などを考えると高くはないんですけどね。)
でも宿泊客は、その半額で入場することができるんです!
しかも幼児は無料!
なので、大人2人+小学生1人+幼児1人の我が家は、合計4,850円で入場できました!
一般だったら10,800円…この差額は大きすぎです。

大磯プリンスホテルの宿泊料はもちろんかかってしまいますが、温泉やスパも楽しめるし、トータルで考えたら、断然宿泊をおすすめします。

ただ、我が家も来年は泊まれるとは限りません。
今回のような破格の宿泊プランが無いと厳しいですし、日程的にもわからないですしね…。
たとえ日帰りでも行きたいと思っていますが!

もしも日帰りで行く場合は、JTBのレジャーチケットで購入する、LINEで大磯ロングビーチと友だちになる、などの方法で割引になります。
生協などのチケットサービスでも扱っていると思いますが、我が家は急遽行こう!となるパターンが多いので、割引チケットは即購入できるJTBレジャーチケットを利用しています。

レジャーチケットは、コンビニで買えるJTBチケットがおすすめ!

あとは、SEIBU PRINCE CLUBに入ると割引になるとのこと。
クレジットカード機能がない、ただのポイントカードも作れるようなので、近いうちに作ろうかと思っています。
PRINCE KIDS CLUBという子ども向けの会員サービスもあるようなので!

遊びごたえがありすぎる10個(4個?)のプール!

大磯ロングビーチには10個のプールがあります。
そのうちの2つは宿泊者専用プールですが、それを抜いても8個ありますから、充分すぎるほどに充分でしょう!

特に、1周500メートルもある流れるプールはすごい!
幅も広いので、他のところとは比べものにならないぐらい、ゆったりと流れることができます。
手足を伸ばしても誰にもぶつからない。
衝突のリスクも低いので、安心して子どもたちを浮かばせてあげられました。

ただ、私は疲れてしまい(歩かなきゃいけないのがちょっと…笑)、流れるプールは1周で終了。
波のプールでのんびりさせてもらいました^^

波のプールの向こうには、大磯プリンスホテルの新しくできたスパが。
雰囲気もいい感じなので、波打ち際でぼーっとしているだけでも癒されました。

でも子どもたちは“ぼーっとする”とか、“癒される”とか、当然無縁(笑)。
かなりアクティブに遊んでいました。

子ども用としては、『噴水こどもプール』、大きなスライダーがある『キッズウォーターパラダイス』というエリアがありました。
あとは波のプールに子ども用エリアがあるのですが、そこに有料のウォーターパークがありました。

でも我が家の子どもたちは、流れるプールや波のプールばかり行きたがりましたね~。
あとは宿泊者専用の子ども用プールと、噴水こどもプールの小さいスライダーで何回か遊ぶ程度。

なので我が家は実質4個のプールで大満足となりました^^

子ども用の波のプールに大喜び!

その中でも子どもたちが一番喜んだのが、波のプール!
上にも書いたとおり、波のプールの中に子ども専用エリアがあるんです。
一番深いところでも60cmの深さなので、長女は浮き輪なしで波のプールを楽しんでいました。
浮き輪で波に浮かぶのも楽しいものですが、学校の水泳授業で浮くことができるようになったりと、少しずつ上達している最中なので、浮き輪なしで波に浮く・波に乗るということが嬉しかったみたいです。
そんな自分を私たちに見せて、褒められるのも誇らしいみたいでした。

もともと波のプールが大好きな次女も、この子ども専用エリアには大喜び!

何より、子どもたちを遊ばせる親としても本当に安心できるエリアでした。
このエリアだけでもリピートの価値あるな~と思います。

そして、フードも充実!

大磯ロングビーチ、フードも充実していました!
たくさんのお店があったので、どこで買うか迷ったのですが、私はガーリックシュリンプフライドライスを。
リゾートっぽいものを食べたかったので!

子どもたちには不評でしたが^^;
そもそもガーリックが好きじゃないし、バターの味も強すぎたようで…。

子どもたちが喜んだのは『なんつっ亭』のラーメン!

どうなんだろう?と思ったけど、子どもが食べても美味しかったみたいです。
私もなんつっ亭のラーメンを初めて食べましたが、想像以上の美味しさでした。

大磯ロングビーチの売店の中でも特に人気のようで、常に並んでいましたね~。
でも回転が早いので、長く待つことは無いようでした。

今度行った時には辛いラーメンを食べてみたいです!

そんなわけで、まだまだ書き尽くせないほどの楽しさだった大磯ロングビーチですが、今まで行ったプールの中ではダントツの1位となりました。
まさに夢見たとおり!
来年もまた必ず来ることを誓って、後にしました。

後ろに見えるのは大磯プリンスホテル。
ここもまた必ず泊まりたい!!

ホテルの感想は、また改めてUPしたいと思います^^














follow us in feedly

ブログ村ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログへ



◆メッセージはプロフィールページのフォームからお願いします♪