今年の正月も、私の母がいる山梨県で迎えた我が家。

とは言え、母の家は山奥で寒く、かつ正月の準備をしたり、来客のおもてなしをできる人ではないので、そこで過ごしたわけではなく、ホテルに宿泊しました。
正月だけに限らず、山梨に行くたびにそんな感じなんですけどね^^;
でも、そのおかげで色んなところに泊まれて、子どもたちも楽しいみたいです。

今回泊まったのは『ファミリーロッジ旅籠屋・甲府石和店』の甲府石和店。
アメリカンスタイルのロードサイドホテルってことで、まさにアメリカのドラマで見かけるような部屋でした。
部屋のドアも道路に面している感じで。
子どもたちはちょっと怖かったみたいですが、リーズナブルだし、大人はさほど問題ないと思いました。

ただ、アメニティなどはまったく無し。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、タオル、バスタオルはありますが、歯ブラシや化粧品類はありません。
そしてパジャマ、浴衣類も無し。
フロントに言えば歯ブラシはもらえるし、パジャマ(有料)も貸してもらえるようですが、私たちはそれを知らずに、近くのショッピングモールで買ってしまいました^^;
持って行けば良かったな~と、ちょっと後悔。

部屋も小さいテレビと、クイーンサイズのベッドが2台あるだけ。
旅籠屋の部屋はシングルやツインといった区分が無く、全部このタイプのようです。
1室いくら、という料金体系なのでわかりやすいし、家族での宿泊にはいいのかも(1人の宿泊の場合は、料金が安くなるようです)。
今回私たちは大人3人・子ども2人で宿泊しましたが、17,000円ぐらいでした。
大晦日なので、いつもよりは少し高かったようですが、5人の宿泊でその料金は破格!でしょう。

夕食はどこかで済ませなければいけませんが、朝食はパンとコーヒー、ジュースのサービスがあります。
朝食はそれほど必要ないという旅ならば、充分にありだと思います。

我が家も、安く旅行したい時はまた利用するかもしれません。

ちなみに、去年のお正月はやはりチェーン展開している『リブマックスリゾート甲府』で迎えました。
ここもなかなか良かったですけどね~。
駅からのアクセスは悪かったけれど。
「リブマックスリゾート甲府」で新年を迎えました!

さて、そんなわけで、大晦日の夜はその旅籠屋に泊まったのですが、そういうタイプのホテルなので大浴場などはありません。
最寄り駅が石和温泉なので、温泉ぐらいあってもいいのに…と思いますが、そもそものコンセプトとは違うのでしょう。
旅籠屋のサイトには近くのイベント情報や温泉施設の紹介などが掲載されているので、温泉に入りたいならば他のところに…っていう。

なので、私たちも元日は日帰り温泉に行くことにしました。

でもなんせ元日。
今まで行ったことがある温泉施設は休みだったり、激混みで深夜から整理券を配布したりと、いつものようにはいかない感じでした。

なので半ばあきらめていたのですが、石和温泉駅の近くにある『かんぽの宿石和』の温泉が日帰りで利用できるらしいと知りました。
サイトを見ても元日は休みと書いていなかったので、ダメ元で行ってみたら、すんなりOK!!
思いがけず、元日から旅館のお風呂を満喫できました^^

入浴料金は昼の部と夜の部で料金が異なり、私たちが行った昼の部(10:30~15:00)は大人820円、小学生520円!

夜の部(15:00~21:00)はさらに安く、大人520円、小学生320円で入れるので、早く知っていれば大晦日にも行けたのに~!と、ちょっと後悔。

そのかんぽの宿石和の大浴場はいたってシンプル。
シンプルというか、普通の大浴場です。
室内に2つのお風呂と、露天風呂が1つあるので、ちょっと入るには充分すぎるほどに充分!
お湯も熱すぎず(石和温泉はたまに熱いお風呂の旅館がある…)、泉質もいい感じでした。

ただ、バスタオルのレンタルは1枚110円、タオルに関しては売店で購入しないといけません。
なので、もし行く予定があるならば持って行った方がいいです!

ここの大浴場…というか宿自体を、私たちはとても気に入ってしまったので、リピート間違いなし。
ロビーなどもゆったりして過ごしやすいし、日帰り入浴で利用できる大広間やレストランも広い。
鯉がたくさんいる庭園もあって餌をあげることができます。
うちの子たちも鯉に餌をあげて大はしゃぎでした^^

次はできたらここの宿に宿泊したいのですが、日帰りでも必ず!
その時はバスタオルとタオルを持参して行こうと思っています。

かんぽの宿石和