いよいよ夏休み!
…なのですが、どうも浮かれる気分にはなりません。
学童にはお弁当を持って行かないといけないし、なんだかんだで学校に行く機会が多いので、その準備が大変だったりもします。
宿題もやらせないといけないし(苦笑)。
2年生になったとたん、急に宿題のレベルが上がったので、どうしたものか私も頭を悩ませています…。

 
でもやっぱり、せっかくの夏休みなので楽しい思い出も作ってあげたい。
…だけど、この暑さ。
来週もかなりの暑さらしく、東京でも37度超えが予想されています。

ニュースでは熱中症での搬送ばかりだし…。
(これは学校に原因があると思うけど!怒)

そんなことも考えると、どうしても子どもを連れて出かけたくなくて、鬱になりそうです。
電車でもおとなしくしていられないので、車での外出がベストだと思っていたのですが(それでもシートベルトを嫌がって暴れる時はあるけど…)、この暑さだと車の方が危険そう…。

車内での熱中症というと、車内に放置されて…というケースが多いように感じますが、普通に走っていても熱中症になるリスクはあるそう。
特に夏休み中は渋滞も考えられますしね…。
大人でも過酷なのに、子どもはもっと辛いでしょう…。

Q2 車内のエアコンをつけていれば熱中症にならない。○か×か。
A2 ×
エアコンをつけていれば大丈夫だと思いがちですが、ガラス越しに入ってくる陽射しが子どもや高齢者の頭を直撃することや、エアコンの風が後席まで届きにくい場合もあります。特にチャイルドシートに座っている乳幼児は、顔に汗をかいていなくてもチャイルドシートに密着している背中が汗でびっしょりということも……。寝ているからといって安心するのではなく、一口でもいいので水分を与えて脱水症状や熱中症に気をつけましょう。
出典元:エアコンONでも危険!?車内の熱中症クイズ|GAZOO

 
ただでさえうちの子たち、車に弱いので酔い止めが欠かせません。
でも、今の気候だと吐かれたら、車に酔ったわけではなく熱中症によるものなのかも…。
そうなった時、その判断を大人が冷静にできるのか?
心配は募るばかりです。

でも、もしも熱中症だと気づいても、高速道路で渋滞中だったら引き返せないですよね…。
その場合、下手したら見殺しにすることになってしまう。

 
そう思うと、熱中症で児童や生徒が倒れたというニュースを見るたび、学校に対して批判的な感情を抱きますが、自分も同じような目に遭わせてしまうかもしれないんだな…と。

子どもは外で元気に遊ぶもの、過保護にするのは良くないというのもわかりますが、今のこの異常な気温でそれは当てはまらないでしょう。
できることなら外に出したくないですね。
プール以外は。
(プールでも熱中症の危険はもちろんありますが)

 
学童は普段からちゃんと対応してくれているので安心ですが、それでも短時間で切り上げさせるなど、スケジュールを調整していきたいと思っています。

結局、母親1人だけが予防に必死になっても、他がルーズだったら意味ないんですけどね…。
それを懸念して、この夏の学童を全部休みに変更するというお友だちもいます。

今の日本はそれぐらいの異常な状態だと思うし、もっと危機感を持って子どもたちを守ってほしいんですが…。